トップページ>オフショア(船釣り)>【実釣レポート】一石二鳥の便利アイテム!ハピソンの「蓄光ジグホルダー」でゼブラ系カラーのジグが大活躍

【実釣レポート】一石二鳥の便利アイテム!ハピソンの「蓄光ジグホルダー」でゼブラ系カラーのジグが大活躍

タグ: / / / /
PR
2017年06月22日 (最終更新日:2018年04月02日)

中深海スロージギングと言うと水深が200m以上の深場が多く、ジギング初心者や女性のアングラーには敷居が高く感じることだろう。

今回はその敷居を取り払うべく、ハピソン「リチウムイオンバッテリー」と電動リールを使い、森田さんと小西さんにディープな世界を楽しんでもらった。

また、スロージギングのジグカラーでかかせない色であるグロー(夜光)カラーを効率良く蓄光させるアイテムも紹介する。

記事の最後に読者プレゼントの情報もあるので、ぜひ最後まで読んでもらいたい。

珍しい魚が狙える中深海スロージギングに挑戦

今回は京都府宮津にあるワープゾーンさんより出船、行程約1時間半の丹後半島沖、浦島グリ(浦島礁)周辺の水深200m前後のポイントへ向かう。

本日のメインターゲットは、マダラ。他にも、タヌキメバルやアヤメカサゴなど高級魚も合わせて狙う予定だ。

タラと言うとスケトウダラのタラコとマダラの白子が有名だが、本日狙うマダラは冬から早春にかけての産卵を終え、産卵後の回復の為の荒食いをするこの時期、スロージギングで良く釣れる。

白子は入っていないが、身の味が大変良い時期なのだ。

タラは釣り上げた後、口から捕食していたベイトを吐き出す事がしばしばあるが、この時期のベイトの多くは良型のハタハタやイカなどの為、タラがメタルジグに好反応なのが良く分かる。

 

ポイントに着き、ハピソンガールの二人も水深200m前後のボトムに落とすべくメタルジグを投入!と、その前に忘れてはいけないのが、ハピソンの「蓄光ジグホルダーYF-970JH」だ!

このアイテムは船での移動中に、重たいメタルジグなどがブラブラしない様に収納出来るジグホルダーなのだが、更に取り外し可能な蓄光器が付いた優れものである。

ハピソンの蓄光ジグホルダーは優れもの!

今回の様な中深海スロージギングでは水深が200m前後と大変深い為、海底に光が届きづらく、メタルジグを魚にアピールするにはグロー(夜行)カラーが非常に有効的なのだ。

※蓄光器は取り外し可能

つまり移動中にジグホルダーにメタルジグを収納しておき、ポイント到着する直前に蓄光器のスイッチをオン!

メタルジグを両面蓄光させ、ポイント到着後に船長の投入指示で、直ぐに蓄光させたメタルジグを投入出来る。

さっそく2人も蓄光させたメタルジグを投入。

ゆっくりとした速さで小さ目のシャクリを3回入れた後、大き目のシャクリを1回入れる。リールは1回転、半回転、4分の1回転などと巻き取り量を変えながらパターンを探していく。

アタリはボトムから10m位までの、特にフォール中に集中することが多い。

当日はアタリも多く、開始数分で最初の魚がヒットした。

それもいきなりの同時ヒット!サイズも良い感じだ。

電動リールで楽々フィッシング

色々な釣りを経験していても、水深200mからの巻き上げは中深海スロージギングビギナーには辛い…

しかし!!今回は、ハピソン「リチウムイオンバッテリー」と電動リールで女子チームにはチャレンジしてもらった。

魚がヒットしたら身切れを起こさない様に、低速~中速くらいの速さで巻き上げて貰う。

このハピソン「リチウムイオンバッテリー」は、2台の電動リールを同時使用することができる。更にUSB出力もある為、USBケーブルさえあればスマートフォン等の機器の充電も可能だ。

ハピソン「リチウムイオンバッテリー」の製品情報はこちらから

 

ハピソン「リチウムイオンバッテリー」と電動リールを使用したタラジギングでは、3キロオーバーを筆頭に、良いサイズのタラが爆釣となった。

ダブルヒット、トリプルヒットなど終始笑いが止まらない中、今度は水深150m前後の浅場ポイントで根魚を狙う!

タックルも釣り方もそのままで、ジグのウェイトを200g前後まで落とす。するとすぐにタヌキメバルやソウハチガレイ、ユメカサゴとこれまた食べても美味しい魚が連発!

中深海スロージギングビギナーであるハピソンガール2人が、250g以上のメタルジグを使いながらも楽々と魚を釣り上げることができたのは、ハピソン「リチウムイオンバッテリー」と電動リールの恩恵といえるだろう。

 

重量計測も出来るフィッシュグリップ

Hapysonの計測シリーズでは、これまでも長さと日付が1枚の写真に記録できたが、新製品の計測釣りはかりは本体の液晶パネルに重さを表示でき、さらにBluetoothで携帯と連動させることでスマホ画面にも重量を表示できるようになった。

大物が釣れた時は釣果画像にサイズも重さも表示しちゃおう!

これからハイシーズンを迎える日本海の中深海スロージギングに、ハピソンの便利アイテムを持って行ってみては如何だろうか。

読者プレゼント

今回は「蓄光ジグホルダーYF-970JH」を読者の中から抽選で2名の方にプレゼントする。

※プレゼントキャンペーンは終了しました

応募方法

ツリホウ(釣報)Facebookページで、該当記事を「いいね!」または「シェア」をしよう。

該当記事はコチラから

※プレゼントキャンペーンは終了しました

応募締切

2017年06月26日(月)の12時まで

当選発表

「いいね!」またはシェアをしてくれた読者の中から、厳正な抽選の上当選者を決定する。当選者にはFacebookのメッセンジャーを通じて当選の連絡をするので、見逃さないように気をつけよう。

タグ: