人気釣種だからこそ知っておこう!シーバス釣りにおけるマナーまとめ

タグ: / / /
2017年07月27日 (最終更新日:2018年04月16日)

目次

  1. おかっぱりでのマナー
  2. ウェーディングでのマナー
  3. ナイトゲームでのマナー
  4. デイゲームでのマナー

デイゲームでのマナー

日中でもシーバスは十分に釣れる。明るいためバイトシーンなどを確認しやすく、目で見て釣りができるのが魅力だ。

車や歩行者に注意

前述のおかっぱりと同様に、デイゲームでは場所によっては歩行者が多いポイントも存在する。

そのようなポイントではキャスト時の後方確認が非常に重要。事故を未然に防ぐように、キャスト精度の向上など、努力をしてほしい。

駐車場所にも注意

車通りの少ない夜間はもちろんのこと、日中でも駐車場所はきちんとしたい。

無理な駐車は違反となるだけでなく、往来する車や人にとって非常に迷惑な存在である。

割り込まない

特に混み合った防波堤など、自身が釣りをしたいという気持ちもあるだろうが、無理に先行者の間に割って入るのは厳禁。釣り人同士のトラブルになりうる。

ある程度のスペースがある場合には、声を掛けて間に入っても良いかを聞き、横方向に投げたりしないよう注意しながら釣りをするようにしよう。

マナーを守って楽しもう

シーバス釣りにおいて守るべきマナーは多いが、これらひとつひとつを個々のアングラーが守ることでそれぞれが気持ちの良い釣りをすることができるようになる。

マナーを守って、安全に細心の注意を払い釣りを楽しんでほしい。

タグ:
ツリバカメラ