大物が簡単に釣れる「泳がせ釣り」のやり方と、仕掛けまとめ

タグ: / / / / / / / / / /
2018年01月11日 (最終更新日:2019年06月03日)

目次

  1. 泳がせ釣りとは
  2. 泳がせ釣りで釣れる魚
  3. 泳がせ釣りの道具、仕掛けまとめ(ウキ、ぶっこみ)
  4. 泳がせ釣りの道具、仕掛けまとめ(エレベーター、サビキ泳がせ)
  5. 泳がせ釣りの道具、仕掛けまとめ(ノーシンカー、イカ)
  6. 泳がせ釣りの釣果アップのコツ
  7. 泳がせ釣りであると便利なアイテム

泳がせ釣りであると便利なアイテム

活かしバケツ

生き餌を元気なまま活かしておくのに必須のアイテム。

活かしバケツは魚を入れて海中に沈めておくだけなので手軽なのが魅力だ。

しかし、餌を付け変えるたびにバケツを引き上げるのは意外と面倒。

そんな場合はクーラーやバッカンに魚を入れ、エアレーション(いわゆるブクブク)をしてあげるとよい。

ただしバッカン等に入れたままだと特に夏場は水温が高くなり魚が弱ってしまう。定期的に水を換えてあげよう。

竿立て

置き竿にして待つことが多い泳がせ釣り。

防波堤に直接おいても良いが踏んだりするトラブルになる可能性も高い。

竿立てに立てかけておくと安心だ。

泳がせ釣りの場合、斜めに竿を立て掛けると常に竿が上に向くため餌が表層へ浮いてきてしまう。

なるべく竿先を水平以下の角度に保つように竿立ての向きを調節するとよいだろう。

泳がせ用ネット

調達した生き餌を針から外したり、また生き餌に針を刺して投入する動作をスムーズにしてくれるアイテム。

魚の胴部分を挟めるタイプのものがおすすめだ。

素手で魚を触ると、体温で魚が火傷して弱ってしまうため、このアイテムを用いる。

針を外すときも付けるときも、なるべく水中で行うとダメージが少ない。

タモ網

泳がせ釣りで狙うのはもちろん大型魚。

取り込むことができなければ元も子もないだろう。タモ網は必須アイテムである。

網のサイズも大型魚に対応すべく50〜60cm、足場の高い場所でも良いように5m以上の柄の長さがおすすめだ。

泳がせ釣りにチャレンジしよう

誰にでも大型魚を狙うことができる泳がせ釣り。

釣りたい魚に合った釣り方でも良し、場所に合った釣り方でもよし。

好みの釣り方で記念に残る大型魚をゲットしよう。

タグ: