大物が簡単に釣れる「泳がせ釣り」のやり方と、仕掛けまとめ

タグ: / / / / / / / / / /
2018年01月11日 (最終更新日:2019年06月03日)

目次

  1. 泳がせ釣りとは
  2. 泳がせ釣りで釣れる魚
  3. 泳がせ釣りの道具、仕掛けまとめ(ウキ、ぶっこみ)
  4. 泳がせ釣りの道具、仕掛けまとめ(エレベーター、サビキ泳がせ)
  5. 泳がせ釣りの道具、仕掛けまとめ(ノーシンカー、イカ)
  6. 泳がせ釣りの釣果アップのコツ
  7. 泳がせ釣りであると便利なアイテム

泳がせ釣りの釣果アップのコツ

道具を揃えて釣り方がわかったらあとは実践あるのみ。

次に泳がせ釣りをする際の釣果アップのコツを解説していこう。

食い込むまで待つ

泳がせ釣りで用いる餌は魚なため、他の餌と比較しても大きく身がしっかりしている。

よって魚が食いついた瞬間にアワセてしまうと針掛かりする確率は低い。

反応があってもぐっとこらえて糸を送り、しっかりと餌を食い込むまで待つようにしよう。

この魚との駆け引きが泳がせ釣りの大きな魅力でもある。

餌の動きを把握する

仕掛けを投入したまま置き竿にしていてもよいが、竿の角度や糸の張り具合などを餌の動きによって調節することで、目的の層まで送り込むテクニックも重要

感覚を掴むには時間がかかるだろうが、これを意識して釣りをすれば泳がせ釣りのゲーム性がアップする。

基本的に、竿を上げてテンションを掛けると餌は手前の表層付近に寄ってくるため、なるべく糸を送り込んだり、また張ったりを繰り返して餌を泳がせてみよう。

元気な餌を使用する

瀕死の餌を使用しても、そもそも泳がないためノーシンカーやエレベーター仕掛けでは釣りにならない場合もある。

できるだけ元気で新鮮な生き餌を調達するのも、釣果アップの秘訣と言えるだろう。

生き餌をなるべく弱らせないために、エアレーションは必須アイテムだ。

孫針を使用する

通常、泳がせ釣りの針は鼻や背に掛けるだけだが、孫針と呼ばれるもうひとつの針も臀鰭付近に刺すことで、餌を丸呑みしていないような食い方でもフッキングに持ち込むことが可能になる

餌が頻繁に半分だけかじられてしまうような状況で特に効果を発揮するだろう。

【次ページ:泳がせ釣りであると便利なアイテム】

タグ: