大物が簡単に釣れる「泳がせ釣り」のやり方と、仕掛けまとめ

タグ: / / / / / / / / / /
2018年01月11日 (最終更新日:2019年06月03日)

目次

  1. 泳がせ釣りとは
  2. 泳がせ釣りで釣れる魚
  3. 泳がせ釣りの道具、仕掛けまとめ(ウキ、ぶっこみ)
  4. 泳がせ釣りの道具、仕掛けまとめ(エレベーター、サビキ泳がせ)
  5. 泳がせ釣りの道具、仕掛けまとめ(ノーシンカー、イカ)
  6. 泳がせ釣りの釣果アップのコツ
  7. 泳がせ釣りであると便利なアイテム

泳がせ釣りの道具、仕掛けまとめ(エレベーター、サビキ泳がせ)

エレベーター仕掛け

ぶっこみ仕掛けのように一番下にオモリを結ぶのだが、ハリスを結んで固定しない仕掛け。

まずオモリだけを投げて着底させ、スナップサルカンに結んだハリスを道糸に通して生き餌をスルスルとエレベーターのように落としていく面白い仕掛けだ。

生き餌が上下あらゆる層を泳ぎ回って誘ってくれるため、底物から上物まで幅広い魚種を狙うことが可能。

しかし餌が弱ってくると潜らずに表層付近に留まったりしてアピール力が低下してしまう。

元気に泳ぎ回ってくれる餌を使用するのが釣果アップのコツである。

サビキ泳がせ

専用の太軸の針が付いたサビキ仕掛けを投入し、食いついた小魚をそのまま泳がせて大型魚を狙う釣り方。

船釣りでは大型魚狙いの落とし込み釣りとして人気の釣り方である。

足元に落とすだけでもよいが、ウキを付けて飛ばしサビキとして狙っても良い。

サビキでアジ等を狙いながら大型魚が釣れる可能性もある一石二鳥の釣り方である。

ただし通常のサビキ仕掛けでは針やハリスが細いため、大型魚が食いついても釣り上げるのが難しい。

なるべく太軸で太いハリスを用いた専用の仕掛けを用意するようにしよう。

【次ページ:泳がせ釣りの道具、仕掛けまとめ(ノーシンカー、ヤエン)】

タグ: