大物が簡単に釣れる「泳がせ釣り」のやり方と、仕掛けまとめ

タグ: / / / / / / / / / /
2018年01月11日 (最終更新日:2019年06月03日)

目次

  1. 泳がせ釣りとは
  2. 泳がせ釣りで釣れる魚
  3. 泳がせ釣りの道具、仕掛けまとめ(ウキ、ぶっこみ)
  4. 泳がせ釣りの道具、仕掛けまとめ(エレベーター、サビキ泳がせ)
  5. 泳がせ釣りの道具、仕掛けまとめ(ノーシンカー、イカ)
  6. 泳がせ釣りの釣果アップのコツ
  7. 泳がせ釣りであると便利なアイテム

泳がせ釣りの道具、仕掛けまとめ(ウキ、ぶっこみ)

一口に泳がせ釣りと言っても、釣り方も仕掛けも様々。

次に泳がせ釣りの道具、仕掛けを種類別に解説していこう。

ウキ仕掛け

スズキや青物など、表層〜中層を泳ぐ魚を狙う場合に有効な仕掛け。

アタリがウキによって目に見えるため、あわせるタイミングを掴みやすいのも特徴だ。

竿は2号前後の磯竿がよい。仕掛けの全長が長くなるため、シーバスロッドなどのルアーロッドでは扱いにくいだろう。

オモリはウキの適合分を付けても良いが、生き餌がある程度仕掛けを引っ張りまわすことを考えやや軽めのオモリでウキの浮力を残しておくのがおすすめ。

ウキ仕掛けはセットになり売っているので、それらを購入するのもいいだろう。狙う魚種によっても異なるが、スズキの場合には道糸の6号前後のセットを選ぶようにしよう。

ウキ釣りで注意したいのが、仕掛けが潮の流れなどによって流されてしまうこと。

気がついたら隣の釣り人のポイントに仕掛けが浮いていることもあり、そうなるとトラブルのもとになってしまう。

仕掛けが流されたら逐一仕掛けを回収し、餌の状態を確認しつつ再び投入し直すようにしよう。

釣りを楽しむために守るべき「マナー」まとめ

ぶっこみ仕掛け

投げて放っておくだけの手軽さが魅力のぶっこみ釣り。

基本的に底に沈めてアタリを待つ釣りのため、根魚やヒラメ、マゴチなどを狙う際に有効だ。

竿はシーバスロッドやショアジギングロッド、投げ釣り竿など、何でもよい。

ある程度重めのオモリを使用するため、それだけの負荷に耐えられるものがよいだろう。

また仕掛けは完成品が市販されている。初心者にはこちらがおすすめだ。

自作する場合にはオモリを結ぶハリスはやや細目のものにしておくとよい。

このようにすれば、万が一オモリが底に引っかかってしまってもオモリの部分のハリスだけが切れ、針の部分は回収可能なためヒットした魚を逃すことが少なくなる。

このようなオモリのことを「捨てオモリ」という。

それでも根掛かりの多い釣りのため、仕掛けは多めに持っていくことをおすすめする。

【次ページ:泳がせ釣りの道具、仕掛けまとめ(エレベーター、サビキ泳がせ)】

タグ: