トップページ>料理>持ち帰って食べるなら必修科目! ヒラメの「神経締め」の正しいやり方

持ち帰って食べるなら必修科目! ヒラメの「神経締め」の正しいやり方

タグ: / / /
アクセス 2015年07月18日

20150718113349

出典:船長が丁寧に解説、ヒラメの神経締め – YouTube

高級魚として有名で、サーフやボートからのターゲットとしてもポピュラーなヒラメだが、真鯛やスズキ(シーバス)などと異なり、神経の位置がわかりにくい。

そのため、他の魚の締め方はわかっても「ヒラメはどう処理するのだろう?」と悩む方も多いかもしれない。

そんなヒラメの神経締めの方法を、達人の技で丁寧に解説した動画を紹介しよう。

注意点は背骨の変化

ヒラメの神経締めで下穴を空けるポイントはヒラメの右目の少し上のポイント。そこから斜めに空けて、ワイヤーを通そう。

達人曰く、ヒラメは背骨がカーブしているのでそれに沿うようにワイヤーを通すことが大切だ。

ヒラメ (鮃・平目) – 魚図鑑 – 釣りの総合情報サイト「ツリホウ(釣報)」

ヒラメのレシピ

上手に締めることができたら、持ち帰って美味しく食べよう。ヒラメのレシピはクックパッドで450種類以上公開されているので、好みの調理法が見つかるはずだ。

ヒラメのレシピ 454品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが210万品

新鮮で美味しいヒラメを食べよう

早く締めることで死後硬直を遅らせることができ、鮮度が長時間持続する。

高級魚としても有名なヒラメを釣ったら上手に締めて新鮮なうちに頂こう。

関連記事

達人の技を盗もう!「ヒラメの刺身」の作り方

あこがれの座布団級を狙え!ヒラメの釣り方徹底解説

関連商品

タグ: / / /