[CCBさんからの寄稿] 始めたばかりのファミリーにレクチャー!ちょい投げ釣りのコツをお教えします

タグ: / / /
2017年06月03日 (最終更新日:2018年12月13日)

いつも寄稿を読んでいただきありがとうございます(´◡`๑)

今回は、友達ファミリーとお気軽フィッシングという事で、行ってまいりました。

以前にも、ご紹介したことのある児島通生にある石積波止です。

さて、今回の寄稿は実際にあった釣り初心者ファミリーからの質問に答えながら、進行する内容にしようと思います。

釣り初心者ファミリーは、ここのところ釣りをやり始めて、未だに釣れたことがないとのこと!

色々調べたけど…いまいち何が間違っているのかもわからないという事でした。

さっそくCCBが、分かる範囲でお答えして行きます。

もしかすると間違っていることもあるかもしれないので、そこはご了承くださいませ(^人^)

Q.海についたらどこを見てるんですか?

A.どこ?たくさんあって答えるのが難しいですが…押さえておきたいことは、潮の動きです。

Q.潮の動きはどう見るの?

A.そうですね。水中の海藻がどちらを向いているか観察したり、沖にある泡の進行方向を見るのがわかりやすいかなぁ!

Q.なぜ、潮の動きを見るの?

A.魚は基本的に流れに逆らって泳いでいるので、魚がどちらを向いているかが分かる。

Q.いつも投げ釣りをしてるけど、全く釣れない。全体的に魚がいないのかなぁ?

A.それもあるかもしれないけど、投げて待っているだけだとダメだよ!

どこに投げるかを考えてみよう。

海を見て、潮の動きを確認!沖に流れる潮があればいいかな!

あとは投げて置いて待つだけではなく、少しずつ巻いてくること。

そして今度は、海の中を見るという作業。

竿から伝わってくる感覚で、ゴロタ石がある場所や砂地、藻があることを考えたり、急に重くなるならそこにカケアガリがあるなど、海の中の様子がわかると思います。

魚はそのような変化のある場所にいやすいので、そのポイントで巻いたり止めたりしがら探って行きましょう。

てな感じのやりとりをしながら、釣りを始めました。

いざ実釣!

友人いわく、なんでもいいから魚の姿が見たい。っとのことで、穴釣りへ。

因みに、チヌも釣りたいということなんで、フカセ釣りの道具も持参しました。

当日のデータ

  • 5月3日
  • 小潮 上弦の月
  • 釣行時間 12:00〜17:00
  • 干潮10:41
  • 満潮15:52

満ち終わった後の引き潮を狙います。

穴釣りにとっては最高の時間帯。

仕掛けは、チヌ用のハリにガン玉のお手頃リグw

根がかりも怖くない(´◡`๑)

子ども達も、友達ファミリーも次々に釣り上げます!

その頃、CCBはなんとかチヌをかけようと奮闘しますが…

無反応!

あれだけ、釣りのことをウンチク垂れたのに…。

ノーフィッシュは、カッコ悪い(^◇^;)

沖に流れる潮を見つけて、その合流地点を丁寧に攻めたりもしましたが…。

あえなくタイムアウト!

щ(ʘ╻ʘ)щ

誰か〜釣り方教えてw

穴釣りの好釣果を羨ましく見つめてました!

こんな日もあるさ~。

CCB-FAMILYのHPは、こちら

釣行データ

釣行日

2017年5月3日

釣行場所

児島通生にある石積波止

天気・潮汐

晴れ・小潮

今回のタックルセッティング

ロッド / 宇崎日新 「INGRAM ISO」 1.25号 500

ロッド / ダイワ「16 トライソ 2500LBD」

この記事を書いた人

CCB

CCB

岡山県の自称"釣りバカおじさん"。バスからフカセまで、幅広い釣りに精通。トーナメントにも参加する本格派アングラー。
タグ: