テーマ別

トップページ>ブラックバス>[まるりんさんからの寄稿] 迫力満点のバイトシーンあり!オリザラのまるりん的アクションやテクニックを紹介

アクセス 2017年05月17日

[まるりんさんからの寄稿] 迫力満点のバイトシーンあり!オリザラのまるりん的アクションやテクニックを紹介

前回はオリザラについて紹介をさせていただきましたが、今回はオリザラのまるりん的アクションやテクニックについて書きたいと思います。

前回の記事【オリザラに隠された秘密とは…?知られざる種や仕掛けを大公開!

まずオリザラの種や仕掛けはこのような点だと紹介しました。

  • ウエイトが軽い
  •  高浮力
  •  浮き姿勢が斜め

これらの種や仕掛けを活かして、バスをどう騙すのか?

一般的にドッグウォークというアクションは刻む回数やスピードなどリズム的要素を意識する方が多いのではないでしょうか。

これはとても大事なことではありますが、ペンシルベイト全般的なことなのであえて端折らせていただきます。

オリザラを使ったまるりん的テクニックはこれだ!

ロールアクションの強弱とタイミング

首を振る際に、右から左へターンする瞬間、ボディーがロールすることがあります。

これにより、腹面(ベリー)のカラーから側面(サイド)のカラーが一瞬現れてはまた腹面(ベリー)に変わります。

ちなみにこのナチュラルレオパルドフロッグというカラーはホワイトベリーですが、下から見るバスの目線は白いお腹が見えています。太陽光と同化していれば見えづらいはずです。

しかし、ロールした瞬間にはレオパルドフロッグの模様が一瞬見えるではないですか!

かと思えば姿勢が戻り、またお腹側の白に。

つまり、蛙が見えたかと思うと消えてしまう。バスは逃がした!と勘違いし、次は逃がすまいと構える。そしてまたロールした瞬間に蛙が現れバイトする!

バスにとっては蛙と思っているかは定かではありませんが、バスは色を認識できるので、色調変化によりバイトさせるには、ロールアクションは有効な手段であることは間違いありません。

以下の画像はプラドコTVのオープニングビデオのワンシーンです。

オリザラのカラーはナチュラルパーチ。

ロールしてオレンジベリーが見えていますが、

元に戻りオレンジベリーが消えかけています。

そして次の瞬間…

バスがバイトしました。

ところがロールさせることでバイトは増えるものの、フッキングしないというデメリットもあります。それはお腹側にセットされているフックがロールすることで横を向き、バイトした場所はフックの無い背中側にバイトすることがたまにあるのです。

ノリが悪いからフック交換だ!なんて思うかもしれませんが、これでは無意味なのです。

となれば、腹側にバイトさせるように意図的にコントロールすればいいのでは?と思うのです。

【次ページ:意図的にバイトをコントロールするには…?】

投稿ナビゲーション

タグ: / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー