テーマ別

トップページ>シーバス>[宗さんからの寄稿] デイゲームで河川を攻略!狙いの引き出しは多いほど役にたちます

アクセス 2017年05月30日

[宗さんからの寄稿] デイゲームで河川を攻略!狙いの引き出しは多いほど役にたちます

5/10 am8:30~ 大潮 下げ6分 霧雨

何年か振りのデイゲーム。

バイブレーションシンキングペンシルを用意。

デイゲームをやらなさ過ぎてバイブレーションが4つほどしかない事にビックリしました。シンキングペンシルのデイゲームでの使い方と検証も兼ねて用意してみました。

この日は寝坊して釣行時間が1時間程少なくなり、最初はナイトゲームと同じポイントをバイブレーションでサーチして橋の下の暗がりを念入りにチェック。水温は高く感じました。

橋脚を何本かチェックした後、先行者の入水経路を見て覚え、シジミを取る船を颯爽と避けながら…。

根掛かりラインブレイク→意気消沈→納竿

帰りがけ、下流側の先行者に挨拶をして釣果を聞くと共に、カキ殻の瀬があるポイントや歩いて行ける範囲など色々と教えて貰いました。あざーす!←かるい

釣果はキビレ×1、フッコ×1だったそうです。

関西出身の方で、元はバスマンだったそうです。

駐車場まで琵琶湖や霞ヶ浦水系に行った時の話など聞かせて貰い、今年の夏は亀山湖に行くのもアリかなと思いました。

5/11 晴れ am8:30~ 大潮 下げ6分

この日は、前日の夜に変な時間に寝て起きてしまい、睡眠時間が3時間ほど。そのままYouTubeで夜を明かし、前日に釣果のあったエリアに到着。

昨日の方はこの辺で釣りをしていた様な…。

足元を探りつつ歩いて、腰の少し上くらいまで浸かった所でキャスト開始!٩( ‘ω’ )و

立ち位置からやや下流側の水面を見る限り、流れが急に右に巻いたり、陸側に向かっていたり…

何かが沈んでいるのか、果たして馬の背の起伏が激しいのか、動くことに消極的な私。

とりあえずロンジンの「キックビート」15g(フィーモオリカラのエンゼルキッス)からスタート。

クロスからダウンクロスに投げるも反応無し!

うーん、引き抵抗がすこぶる弱いのはなぜ?ルアーの性能?

少し考えてダウンクロスに投げた時に気付きました。

目の前にある陸に向かって投げれば、必然的に川の流れでクロスキャストになると考えてましたが、少しでも地形が変化していたりすると流れも変わるし、ミオ筋の方向や位置によっても川の流れが変わるのを思い出しました。

川の流れについて考えるのはとても大事なことですね。

そして私の立ち位置からダウンクロスに投げると、まずまずの引き抵抗。

河川でのバイブレーションはクロスからダウンクロスにかけて投げると使いやすく釣れることが多いと感じています。

そして2、3回投げた所でカキ殻らしき沈み物に当たったのでロッドを立て気味にしてミディアムからファーストのスピードでリトリーブすると…

ぬんっ!(΄◉◞౪◟◉`)

根掛かり?へっ?Σ(‘◉⌓◉’)

ロッドでテンションを確認すると、魚が反転して下流側に向かいながら走る

そのタイミングでロッドを立てる!

エラ洗いを1発回避!

これはそれなりのサイズ!

でも魚の口から一直線に伸びているルアーを見る限り、テールフックしか掛かっておらず、気は抜けない模様。

魚を寄せてからドラグを緩め体力を奪いネットイン!

夏っぽく追い食いしたり、尻尾まで出してエラ洗いしたり、元気な魚でした。(推定60cm半ば)

ヒットルアー》ロンジンの「キックビート」

お次はルアーを変えてバスデイの「レンジバイブ」で探るが、群れで入っている様子はなく沈み物に付いている感じ。

同じコースをトレースする様にキャストして、今度は少しゆっくりとルアーを見せてハーモニカ喰いを狙うと、ルアーの泳ぐレンジが下がって案の定、根掛かり(´°̥̥ω°̥̥`)

グゥゥ…。

気分を変えるために、今度はルアーを「キックビート55」に変更。色もデイゲームではあまりチョイスしないドマットチャート

スズキは、川の中から見えない景色の色に反応すると聞いたので、それを実際に試すことに。

根掛かりポイントは把握したので、そのポイントを攻めすぎない様にキャスト。

バイブレーションを使う時の1つの目安として「人が歩くスピードと同じくらい」のリーリングスピードを意識。

着水してから底を取り、巻き上げてくる。

ロッドを下げると底をゴリゴリとこするほど浅いので、ロッドを立てて次はストップ&ゴーで深いバイトを狙う。

ルアーの色とフォールでしっかりと見せて喰わせるのが狙い。

そのルアーチェンジ後の1投目で…。

カッ!Σ(‘◉⌓◉’)

カキ殻?にしては軽い感触。

次も同じように投げて、ストップ&ゴーで探りつつ、一度底を取り直して巻き上げた瞬間。

カッ!!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

軽く硬いバイトの感触!

やっぱり魚!

でもサイズは期待できない。

それでもルアーカラーの検証とストップ&ゴー、そして一度底を取り直すやり方の3つの引き出しが1匹の魚つながりました。サイズに関係なく凄く嬉しい瞬間!が…。

ジャンプ1発!

尻尾まで出すエラ洗いにてポロっと…。一瞬で終わりました(´°̥̥ω°̥̥`)

この後は潮が引くにつれて前に進みつつ、大きな沈み物やミオ筋を狙おうとするが、届くルアーを持ち合わせていない。

さらに私が立っている場所に、1級のストラクチャーとなりえる沈み物があることに気づく始末…(´°ω°`)

そしてその沈み物から降りたら、思ったより深くて脇の下からの浸水が締まらない(΄◉◞౪◟◉`)

デイゲームが久しぶり過ぎて準備が足りないのを痛感しましたが、次は欲張ってクランクでチヌも狙ってみようと思います。

そして次の日は同じ河川で、ウェーディング先生のマコsanがメーターオーバーをデイゲームで釣り上げるというサプライズ・:*+.\(( °ω° ))/.:+

通い混んで得た経験と知識、技術の引き出しが積み重なるとメーターオーバーにも出会えるのかも知れませんね。

本当におめでとうございます!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

釣行データ

釣行日

2017年5月10日、11日

釣行場所

都内河川

天気・潮汐

晴れ・大潮

今回のタックルセッティング

ロッド/ シマノ「エクスセンス S906M/RF 」

リール/ アブガルシア「レボ MGX 3000SH」

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー