テーマ別

トップページ>ロックフィッシュ>[MASAさんからの寄稿] ハイプレッシャーでも爆釣!ほっとくだけでロックフィッシュが狙えるテクニックを紹介します

アクセス 2017年05月14日

[MASAさんからの寄稿] ハイプレッシャーでも爆釣!ほっとくだけでロックフィッシュが狙えるテクニックを紹介します

名古屋在住のMASAです!

今回はハイプレッシャーな名古屋港(以下、名港)奥湾でのロックフィッシュネタです!

下げ潮が効き出す21時ごろ自宅を出発。

現地までおよそ30分くらい。

着くと既に先行者の方もいましたが釣れてる様子もありませんでした。潮通しの良さそうなポイントが空いていたのでさっそくそこから釣り開始!

水面がざわついていたのでもしかしてメバル?

と思い、暫く投げ続けるも無反応…どうやら小さいボラみたいでした…(T_T)

そうこうしている間にワラワラと人が押し寄せて来ます!

まだ潮位が高かったけど、ここから狙いを本命のロックフィッシュに変更!

足元にゴロタがあり、沖に根が点在するエリア。

潮位が高いのでまずは足元へ直リグを落として軽く探るも無反応…

そして今回も、巣山技研さんから発売されている

「ほっとけシュリンプ」を投入!

今回はこれを軽量のジグヘッド(3g以下)で使いました。

周りの方々は重そうなシンカーを付けて一気にボトムに落としての釣りをしているみたいですが…

僕の場合は、まず軽量ジグヘッドでゆっくりフォールをさせつつボトムに着低させます。(今回はザップの「インチワッキー」というジグヘッドの2.2gをメインに使用。)

着低したら糸フケを取り、軽く竿を立てます。角度的には9時から11時の方向くらい。

あとはテンションホールさせて、ほっとく!

この「ほっとけシュリンプ」は足が他のワームには類を見ない動きをします!

無駄なロッド操作を入れてしまうと返ってエビのような動きが損なわれてしまうので、テンションフォールとほっとけで 釣れてしまうんです!

特にフォール後のステイ時(5秒くらい)にバイトが多発します!

そしてワンキャストワンバイト状態が続き、同じ狙い方で釣りまくりました!

不思議とサイズも大きくて殆どが丸のみ状態!

今回は、同行者の森田氏と「ほっとけシュリンプ」の開発者の加藤氏と一緒にほっとけシュリンプでタケノコメバルも狙いましたが、3人とも大爆釣だったのです。

なんと僕一人でも20匹以上!

この「ほっとけシュリンプ」ですが、ロックフィッシュに限らず色んな魚種にも効きそうです!

これから段々と暖かくなり、狙える魚種も増えて釣りに行きやすい時期になります。ルールやマーナを守って、安全に楽しんで釣りをしましょう。

いい釣果が出ましたらまた報告させていただきます。

釣行データ

釣行日

2017年4月29日

釣行場所

名古屋港湾奥

天気・潮汐

晴れ・中潮

今回のタックルセッティング

ロッド /アングラーズリパブリック「LRGS-72L FINESSE SOLID」

リール /シマノ「エクスセンスCI4+ C3000HGM」

投稿ナビゲーション

タグ: / / / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー