テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>[スズシゲさんからの寄稿] デカアジ探しのキモはレンジにあり!?狙い所に応じたタックルセレクトの重要性

[スズシゲさんからの寄稿] デカアジ探しのキモはレンジにあり!?狙い所に応じたタックルセレクトの重要性

タグ: / / / / /

アクセス 2017年05月18日

淡路島の寄稿アングラー「スズシゲ」さんからの釣行記!豆アジばかり釣れるときはどうしているだろうか?今回スズシゲさんが紹介してくれるのは、そんなときに役立つサイズアップ方法。大切なのは狙う水深です。ぜひ参考にしてみましょう。

こんにちは!

ブログ「淡路島ライフ」のスズシゲです。

桜のつぼみのほころびとともに、淡路島でも再びアジが釣れるようになってきました。

春先のアジングナイトゲームに行ってきたので、今回はその実釣レポです!

春アジング。まずはアジをサーチ

まずはアジを見つけて、どんな活性か探ってみよう!

ということで、オッズの「レンジクロスヘッド」1gにエコギアの「アジマスト」(レッドフレーク)の2.4インチをセッティング。

キャストしてレンジ(水深)を上から刻みながらリトリーブします。

途中でコッモゾッというアタリがありますが、なかなかフッキングしません。

タックルチェンジして同じレンジに再チャレンジ!

アジはいるけど、活性はあまり高くない様子でした。

ということで、「フロードライブヘッド」0.8gにクレイジーオーシャンの「海毛虫 ジュニア」(にじ)をセッティング。


活性の低いアジやアミ(プランクトン)を捕食しているアジをを仕留めるためのセッティングです。

レンジを変えるとアジのサイズが変わる!

タックルを変えて、再度トライ。

0.8gのジグヘッドが着水したあと、5秒数えてリトリーブ開始。

かすかなアタリにクイックに合わせると狙い通りヒットしました!


12cmくらいでしょうか、豆アジといっていいサイズの個体が上がってきました。

同じレンジ(水深)をもう一度通すと、同じようなサイズがまた上がってきます。

もうちょっとサイズの大きいアジを釣りたいな〜と、カウントを20秒、30秒と探るレンジを深くすると、アジのサイズもアップ!

写真の上2匹がカウント5秒、下2匹がカウント20、30秒でヒットしたアジです。

同じような攻め方でも、ワームを通すレンジ(水深)を変えるとアジのサイズも顕著に変わりますね〜!

さて、釣りはこれから…!

と思ったものの、ちょうど潮止まりの時間を迎えたのでこれにて納竿としました。

1時間と短い釣行時間でしたが、久々のアジに満足できました。

細かいアタリはたくさんあり

コッモゾッというアタリは多く得られました。

ヒットに持ち込めなかったのが残念ですが、これから水温が上がってベイトを追うようになると、引ったくるようなアタリがまた楽しめると思います。

まだ春のハシリともいえる状況だったので、今後に期待ですね。

暖かくなるにつれて、アジもどんどん肉厚&美味になってきます。

以上「デカアジ探しのキモはレンジにあり!?」でした!

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

私の読み物系釣りブログ「淡路島ライフ」もよろしくお願いします。

釣行データ

釣行日

2017年4月3日

釣行場所

淡路島

天気・潮汐

曇り・小潮

今回のタックルセッティング

ロッド/ シマノ「ソアレBB アジング S610LS」

リール/ シマノ「16 ナスキー C2000S」

投稿ナビゲーション

タグ: / / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト