テーマ別

トップページ>その他>[CCBさんからの寄稿] 春はチャンスの季節!オススメポイントとその攻略法

[CCBさんからの寄稿] 春はチャンスの季節!オススメポイントとその攻略法

タグ: / / /

アクセス 2017年05月13日

岡山の寄稿アングラーCCBさんの釣行記!春バスは大型だが、産卵が絡む季節とあって神経質にもなっている。今回のCCBさんは岡山県を中心としたオススメポイントを紹介してくれます。

どうもCCBです(´◡`๑)

今回は、春バスのポイントを考えて行こうと思います。

春には、バス界の一大イベント、産卵があります。

これをスポーニングといいます。

春の季節!出会いと別れを短期間で行うんですね。

□行動パターン

【2月~3月】

まずは冬からの厳寒期からスポーニングについて考えていきます。

厳寒期には大きくて動けているバスも、目に脂肪がたまり視力が悪くなっております。《諸説あり》

このため深場と浅場のブレイクラインの水温が上がれば、魚は底から上がってくるし、水温が下がれば深場に行くというふうに、移動を繰り返します。

○釣り方

リアクションバイト狙いの釣りやビックベイト、6インチのシャッドテールが効果的だと思います。ミノーなんかのステイなどもいいなぁ!

狙うとしたら、深場のブレイクラインから狙いましょう。

○水温

5℃~10℃

○ポイント紹介

【川】水深がある場所をポイントで、カレントが弱い場所。

倉敷川

・オススメルアー《スイムベイト》

オーエスピーの「ドライブシャッド」6インチ

・オススメルアー《シャッド》

レイドジャパンの「レベルシャッド」

【水路】

水門の手前が狙い目。また水路の最下流に集まってきます。そこを狙い撃ちしましょう。他の魚がスレがかりする場合は、期待大です。バスもその近くで、じっとしてることが多いです。

早島水路

・オススメルアー《スモラバ》

ハイドアップの「スライドフォールジク」+「スタッガーワイド」

・オススメルアー《ワーム》

スカルピン、ゲーリーヤマモトの「ファットイカ」

【野池】

山間部の野池よりも、平野部の野池を回りましょう。水温も温まりやすいです。狙うポイントは、いちばん水深がある場所と浅場が絡むような場所!


・オススメルアー《メタルバイブ》

イッセイの「ザリメタル」、レイドジャパンの「レベルバイブ ブースト」

・オススメルアー《バイブレーション》

ジャッカルの「TNトリゴン」、レイドジャパンの「レベルバイブ ビック」

□行動パターン

【3月~4月】

本格的なスポーニング前で、この時期をプリスポーンといいます。バス釣りでもっとも大きなサイズが狙いやすい時期ではないでしょうか。

エサを活発に追いかけて、捕食する姿も見られます。

秋の荒食いとは違い、ポイントさえ押さえればビックママに出会えるチャンスщ(ʘ╻ʘ)щ

○水温

10℃~15℃

○釣り方

まずは、食い気のある個体を探します。そしてイメージしたいのは、バスの目線より上でルアーをアピールさせることだと思います。

○ポイント紹介

【川】

ストラクチャーとカバーが、混合する場所。ベイトがいる場所。ベイト探しのコツとして、鵜の存在や鳥の糞を見るとわかりやすいですよ。


・オススメルアー《スモラバ》

ザップの「PDチョッパーミニ」+トレーラー

・オススメルアー《クランク》

フラッシュユニオンの「スピードキラーSP」

・オススメルアー《スピナーベイト》

レイドジャパンの「レベルスピン」3/8オンス

ウィードの上を意識して、シャローに攻められるものが効果的です。

【水路】

中流域エリアに集まって来ます。活発に捕食活動をしているので、ベイトの存在がキモです。夜にライトを照らすとベイトの存在がわかりやすいです。

また幅が狭いので、なるべく自分の気配を消しましょう。

・オススメルアー《ビックベイト》

イマカツの「ギルロイド jr」

・オススメルアー《バックスライド系ワーム》

レイドジャパンのバギークロー、ゲーリーヤマモトの「ファットイカ」

壁際に落とし、バックスライドで壁に当てながら落とすます。

【野池】

山間部でも、水温が安定しだす時期です。朝なら日光を追いかける形で探っていきましょう。

・オススメルアー《ミノー》

レイドジャパン「レベルミノー」

・オススメルアー《羽根モノ系》

イマカツの「アベンタクローラー」

・オススメルアー《テキサスリグ》

レイドジャパンの「バトルホッグ」

・オススメルアー《ジグ》

フィナの「シューティングボール」+ベイトブレスの「バイズクロー」

□行動パターン

【4月~5月】

産卵にあたり、オスはネストを形成してメスを迎え入れます。水深は1.5m未満の非常に浅い場所で、砂や砂利があるところが多いです。

メスは、産卵のタイミング以外は水深2m以上の深場にいます。

見えバスを確認できたら、その一段下を意識して釣ると良いかも。

そして大潮がキーポイントです!

バスは大潮の時に産卵をすると言われています。ですので、大潮のタイミングで捕食活動が活発になります。そして、卵を守るスポーニングに入ったバスを確認できるようになります。

雄のバスは卵を2~3週間守り続けます。そして、孵化したのを見届けると雄のバスも捕食活動を再開します。

この時は、雄は全てが敵状態。捕食というより威嚇に近いバイトがあるでしょう。バサーとしては、暖かく見守ってあげたいですよね~(´◡`๑)

メスのバスは、産卵を終えると体力の回復に動き出します。ただ体力を消耗してあまり元気がない状態なのです。

○水温

15℃~20℃

○釣り方

この時期は、プリスポーン、スポーン、アフターと入り乱れてる状態なのではないでしょうか。ネスト狙いは避けるとして、いろんな釣りが展開できます。

スローな釣りもシャローのハイピッチゲームも楽しいですよね。

○ポイント紹介

【川】

倉敷川

・オススメルアー《スピナーベイト》

ジャッカル「ドーン」1/2オンス

・オススメルアー《テキサスリグ》

ジャッカルの「リズムウェーブ」3.8インチ+3.5gのバレットシンカー

・オススメルアー《ネコリグ》

レイドジャパンの「ウイップクローラー」

【水路】

ハローズ前の水路

・オススメルアー《スイムベイト》

ベベルの「スイクルセイド」

・オススメルアー《スモラバ》

ザップの「PDチョッパーミニ」+トレーラー

【野池】


彦崎の野池

・オススメルアー《クランク》

レイドジャパンの「レベルクランク」、ハイドアップの「HU-300」

・オススメルアー《スピナーベイト》

ジャッカルの「ドーン」

・オススメルアー《ミノー》

レイドジャパンの「レベルミノー」

・オススメルアー《ワーム》

レイドジャパンの「バトルホッグ」、「バギークロー」、イッセイの「ビビビバグ」

以上、春バス攻略のオススメポイントでした。ぜひ参考にしてくださいね!

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト