テーマ別

トップページ>その他>[Aji-canさんからの寄稿] シーバスとの決定的な違いとは?対サクラマスカラーについて考察

アクセス 2017年05月15日

[Aji-canさんからの寄稿] シーバスとの決定的な違いとは?対サクラマスカラーについて考察

解禁日に運良くサクラマスをゲットして以降、サクラマスからのコンタクトが全くありません。

やはりサクラマス。

簡単には釣れませんね…

さて今回はサクラマス素人の自分が考えた「対サクラマス用カラー」を塗りたいと思います。

まずシーバスと違って気を使ったのは以下の点。

  1. バイトの種類の違い
    シーバスはルアーをエサと思って食べにくるのに対して、サクラマスはルアーを外敵と思って攻撃してくる(釣り仲間談)
  2. 釣れる時間帯の違い
    サクラマスは日中に釣れる。夜はまず釣れない(釣り仲間談)
  3. シーバスとの共通点
    魚の付き場が共通している(地元河川限定)

経験がなさ過ぎてこれくらいしかヒントがありません(^_^;)

が、カラーを考えてみたいと思います。

ベースに使うルアーはアイマの「コウメ70」

シーバス用のバイブレーション

シーズン序盤はボトムにいる魚を狙うのが定番らしいので。

まずこれに、アルミシートを貼ります。

バイブレーションと言えば波動とアクションを入れた時のフラッシング

アルミのフラッシングがサクラを刺激してくれるだろうと。

次は下半分を別の色に。

黒にグロー粉末を混ぜたものを塗ります。

金属の反射と黒の対照的なカラーで強烈にアピールしてくれるはず。

次は背中とお腹を蓄光塗料のグリーンに塗装。

経験上、グリーンは川で強いカラー。

それに視認性も良いのが特徴。

まだ何か足りないので、もう一手間かけます。

白を塗り、その上からチャートイエローを乗せて完成です。

仲間の話だと「ベイトとしてありえないカラー」がよく釣れるらしい。

チャートのアピール力、アルミのフラッシング、対照的な黒、ベリーのグロー。

違和感の塊のようなカラー。

「見せて食わせる」というより「気づかせてイラつかせる」ように極端に塗ってみました。

早朝のフィールドでカラーでテスト。

視認性はバッチリ。

あとはサクラマスの気分しだい。

もう2本…いや、もう1本!

なんとか釣りたい!!!

関連商品

 

投稿ナビゲーション

タグ: / / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー