トップページ>トラウト>初心者のためのネイティブトラウトの始め方【第4回「ライン編」】

初心者のためのネイティブトラウトの始め方【第4回「ライン編」】

ネイティブトラウトを始めたいけどどうしたら良いか分からない方のために、その始め方を解説していくこの連載。

第1回・第2回・第3回に続き、今回はルアーの選び方について紹介しよう。

ネイティブトラウト用メインラインの選び方

第2回で解説したように、昨今のネイティブトラウトゲームはヘビーシンキングミノーのトゥイッチをメインにゲームを進めていくことが多い。

そのため、ミノーに細かいアクションを加えるために、伸長性の低いPEラインをメインラインに使用するのが最適だ。

湖や中流域を想定するのであれば別だが、渓流のみに絞ればメインラインは100〜150m巻いておけば十分である。

メインラインに最適な号数は

メインラインとして使用するPEラインは0.6号を基準として選択すると良い。

また、ルアーのトレースコースをしっかりと把握するためにも、視認性のよいカラーがおすすめだ。

0.6号以下でも魚とのファイトだけを考えれば問題はない。

ただし、他の釣りと比べてストラクチャーが多く点在するエリアを攻めることになるため、メインラインにダメージが入りやすく、0.6号よりも細いラインだとダメージが入った箇所からキャスト切れを起こすことも少なくない。

ネイティブトラウト用リーダーの選び方

シンキングミノーの使用頻度が高い釣りなので、リーダーには耐摩耗性に優れたフロロカーボンを使用しよう。

真夏にトップウォーターゲームに絞ってのゲームを展開する際にはナイロンラインの方が良いが、基本的にはフロロラインで問題ない。

リーダーに最適な号数は

リーダーには6lbから8lbラインを1ヒロ程度取ることをおすすめする。

ストラクチャーの多いエリアでの釣りとなるため、メインライン同様にリーダーにもダメージが入りやすいことを踏まえて、最低1ヒロはリーダーをとっておこう。

メインラインとリーダーの結束に関して

ピンポイントを狙ってキャストを繰り返すのがネイティブトラウト。たらしを短めにとり、飛距離よりもキャストアキュラシーを重視する傾向がある。

キャスト時にメインラインとリーダーの結束部分がガイド内に入るため、糸抜けの良い摩擦系のノットを組むことをおすすめする。

基本的にはFGノットを組んでおけば、糸抜けの良さと強度面を含めて問題ない

ただし、キャストを繰り返すうちに結束がだんだんと弱くなるので、定期的にノットは組み直そう。

次回は必要なツール編

次回はネイティブトラウトを楽しむうえで必要なツールの説明をしよう。

投稿ナビゲーション

タグ: / / / / / /

ツリホウ (釣報)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

カテゴリ

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • テイルウォーク
  • メジャークラフト