テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>[Yutoさんからの寄稿] プラグでメバルは釣れにくい?その考え方がガラリと変わった釣行記!

アクセス 2017年04月04日

[Yutoさんからの寄稿] プラグでメバルは釣れにくい?その考え方がガラリと変わった釣行記!

もう3月だというのに朝はまだ冷え込みが厳しい徳島です。

昼間は暖かいくせに夜は寒いから、一番防寒に悩みます。

さて、今回は前々回くらい?から予告していたメバルのプラッキングです!

正直自分はメバルに最適なのは、ワームだという考えでした。

しかし、ここ最近の釣りでそういう考えは完全に打ち破られました。

そして、その中にはプラグじゃなければ釣れなかっただろうという場面にも遭遇しました。

主に使ったのはクリアカラーのフローティングミノー

「フローティング」であることが重要で、メバルが表層でライズしているときや、そうでないときにしてもメバルの主なベイトであるアミ類は表層を漂っています。

この漂っているというのが特徴で、この動きはフローティングのルアーにしかできないと思っています。

軽いワームで表層をゆっくりと巻いても、アミはそんな動きをしないんです。

表層で動きを止めることによってはじめてメバルの目に止まります。

僕のプラッキングデビューは俗に言う銀メバルでした(笑)

辺り一面でメバルのライズ音が聞こえてきて、ルアーにパシャッと出たのがわかりました。

するとそこからグイグイと潜る潜る。

良い型のメバルだと思うもつかの間、水中でギラッと光りました(笑)

上唇に掛かっていたから切れなかったですが、飲み込まれていたら終わってましたね。

で、この日はこれで終了。

後日、少し違うポイントへ行きました。

このときはワームでの釣り(僕のブログ「腕の違いを実感。メバルは気難しい魚)。でしたが、真横でずっとライズしているんです。

サイズが小さいことなんてわかっているんですが、どうしても我慢できずに1投だけ。

はい、一発です(笑)

ゆっくり巻いてきて、途中でストップを入れるだけでバイトしてきます。

狙い通りに釣れることほど嬉しいことはないですね。

実は沖のほうではもっといいサイズの魚がライズしていたんです。

でも、それはプラグの射程距離外でした。

フロート+プラグという組み合わせをしてみたかったですが、生憎フロートを持ち合わせておらずに撃沈です。

これから暖かくなるにつれて、ベイトに小魚が混ざってきたりするとかなりプラグで釣りやすくなると思うので、ぜひ狙ってみてください!

メバルを釣って帰ると家族も喜ぶこと間違いなしです♪

釣行データ

釣行日

2017年3月17日

釣行場所

徳島北部

天気・潮汐

晴れ・中潮

今回のタックルセッティング

ロッド / ダイワ「月下美人 70L-T」

リール / ダイワ 「ルビアス2004」

投稿ナビゲーション

タグ: / / / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー