連載 : 豊かな自然に恵まれた錦江湾(鹿児島湾)の釣魚たち【第1回真鯛編】

タグ: / / /
2015年08月22日 (最終更新日:2018年02月13日)

タイラバについて

タイラバとはもともと日本古来の漁具であり、それを釣り用に改良したルアーである。底まで落として巻き上げるだけで釣れるということで、近年大ブームを引き起こしているオフショアの釣りだ。

錦江湾では特に盛んで多くの遊漁船で行われている。使用する道具は比較的シンプルで基本は以下に上げるものである。

タイラバ

鉛やタングステン製のヘッド、ラバー、スカート、フックから成り、水深に合わせて重さを選ぶ。

ロッド

他のロッドで代用可能だがタイラバ専用のものが望ましい。

リール

ドラグ性能のよいベイトリールがベストだ。しかし、最近はスピニングリールでのタイラバゲームも流行ってきている。

ライン

メインラインはPE0.8号、リーダーは3~5号が主流である。

錦江湾での真鯛釣りを楽しもう!

錦江湾では良型の真鯛が数多く上がっている。しかも、タイラバであればボトムまで落として一定速度で巻き上げる、これだけで釣れる。

初心者でも釣ることができ、非常に美味な高級魚「真鯛」。ぜひタイラバに挑戦して、その独特の三段引きや、繊細な味を楽しんで欲しい。

タグ: