テーマ別

トップページ>ノット(結び方)>短時間で作れて結び目が小さい! 「オルブライトノット」の結び方

20150711181517

16062アクセス 2015年07月11日

短時間で作れて結び目が小さい! 「オルブライトノット」の結び方

20150711181517

出典:Aussie Quickie Knot- Braided Line To Fluorocarbon- Saltwater Experience – YouTube

今回はビミニツイストで輪を作ったラインと、ショックリーダーを接続するときにガイド通りの良いキレイな結び目ができる「オルブライトノット」を紹介しよう。

ビミニツイストができれば非常に簡単な結束方法なので、すでに覚えている人はこのノットに挑戦してみよう。

PEラインショックリーダーを結束する「オルブライトノット」の結び方

まずはPEラインでビミニツイストを作成しよう。

  1. PEラインの輪の先端を残して、ショックリーダーで13回ほど巻く。
  2. 1で残した先端の輪にショックリーダーの端糸を通す。
  3. 結束部分を濡らし、ショックリーダーの本線と端糸を同時に引っ張り結束する。
  4. 余った端糸を切って完成

リーダーが切れてしまってもビミニツイストが残っていれば再利用できるので、簡単に行えて便利なノットだ。知らなかった人は覚えてみよう。

関連商品

フィッシングノット大全: 全ての釣り人に捧げる結び方<エサ釣り・ルアー釣り>
株式会社ケイエス企画 (2014-07-22)
売り上げランキング: 33,695

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト