テーマ別

トップページ>エサ釣り>[CCBさんからの寄稿] 0.25号の差で釣果が変わる!フカセ釣りにおけるハリス選びのコツを紹介

アクセス 2017年04月03日

[CCBさんからの寄稿] 0.25号の差で釣果が変わる!フカセ釣りにおけるハリス選びのコツを紹介

どうもCCBです(´◡`๑)

今回は、フカセ釣りハリス選びについて書いてみました。

完全に正解ではないと思うので、長い目で見てください٩( ‘ω’ )و

では、早速w

CCBが思っているハリスの号数選びで重要なのことが、4点あります。

  1. 餌が盗られない時
  2. 根がキツイ時
  3. 潮に乗せる時
  4. サラシを沖を攻める時

1.餌が取られない時

CCBは、チヌを釣るときは1号を最初に選びます。グレは1.5号です。

それで釣りをしているとき、食いが渋い場合があります。表層から底を丁寧に探っても釣れない場合は、ハリスを魚に見切られている場合があります。

餌が盗られる場合は、ハリを変える。盗られない場合は、ハリスの号数を下げて行きます!グレ釣りをしていて、2号なら食わないけど、1.75号ならあたりが連発することがよくあります。

細くなるので、ランディングはしっかり丁寧にやりましょう。1号なら0.8号。1.5号なら1.25号にする。意外とコレでヒットする場合いはありますよ(´◡`๑)

2.根がキツイ時

このときは号数を上げて行きましょう!あまり太くしすぎると、魚に見切られるので注意が必要です。あとはランディングを丁寧にやるとうまく行きますよ(´◡`๑)

3.潮に乗せる時

手段としては、細ハリスで段シズを打って対応することもありますが、長い時間魚とやり取りすることを考えると少し太くした方がいいかもです。ハリスの重みや厚さで、潮をよく掴むことや細ハリスにして潮の抵抗を減らすこともできます。

刺し餌とマキエサの同調を良く考えながら使い分けた方がいいですね。基本的に仕掛けじたいは、違和感を与えたくないので、道糸とハリスを繋ぐのも直結が多いいし、ガン玉も軽いのを使います(´◡`๑)

4.サラシを沖を攻める時

この場合は、やはり細いよりは太い方がいいです。2のように、根が近いところでのやり取りを強いられるし、細いとサラシに呑まれ安定しないからです。そして太くても、サラシのおかげでハリスも見えずらくなります(´◡`๑)

以上の事を含めて、ハリスはその都度、変えて行きます。

まとめ

  • 細ハリスに変える状況

食いが渋いときや、潮が速い時など潮の抵抗をなくしたいとき。

  • 太ハリスに変える状況

浅場や、根がキツイ場所やかかる魚が大きい時。サラシなどでラインが見えづらい状況の時です。

この0.25号の差で、大きく釣果が変わることがあるので、もったいない気持ちもありますが…注意してやってみてください。

最近は、0.6号のハリスも使ったことがあります。一瞬で切られるけど(^◇^;)でも、アタリは連発でしたよw

取れなきゃ意味ないじゃん(;´༎ຶД༎ຶ`)

最後にCCBが使っているハリスの紹介です。

こちらを長年愛用しております。

フカセ釣りを始めて約半年間、本命を釣ることができませんでした(^◇^;)

すると、ある番組でサンラインさんの会社が紹介されてました。その時に、透明なハリスを作ってくれ!見えないハリスを作ってくれと言われてできたのが、この商品でした。

ですがこのハリス…うっすらピンクがかっていて

「めっちゃ見えるやん笑」とテレビに突っ込んでましたw

でも、人間に見えても、魚には見えない仕組みになってるみたいです。

実際に波止で釣りをしている人に番組スタッフが声をかけて、釣れてない状況の中!

そのハリスを使ってみてくださいと番組スタッフ!

波止釣りおじさんは、そのあとすぐに釣られてました:(;゙゚’ω゚’):

CCBもすぐに起き上がり、釣具屋へ走りましたが…あまり取り扱ってなく苦労してGETしたのをよく覚えてます٩( ‘ω’ )و

その後の釣行では、7連ヒットw

今では、相棒です(´◡`๑)

気になった方は、是非使って見てください!

てな感じで、最後まで読んでいただきありがとうございます٩( ‘ω’ )و

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー