テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>シマノから「ソアレ ディープアジング」が登場!ボートアジング専用に設計されたモデル【JFS2017】

シマノから「ソアレ ディープアジング」が登場!ボートアジング専用に設計されたモデル【JFS2017】

タグ: / / / /

アクセス 2017年03月03日

2017年1月20日から22日に開催された「ジャパンフィッシングショー2017」。ツリホウ編集部も参加し、各出展社に今年の新製品やオススメ製品を伺ってきた。シマノ[SIMANO]のロッドブースから、ボートアジング専用ロッド「ソアレ ディープアジング」の紹介だ。

2017年1月20日から22日に開催された「ジャパンフィッシングショー2017」。ツリホウ編集部も参加し、各出展社に今年の新製品やオススメ製品を伺ってきた。

シマノ[SIMANO]のロッドブースから、ボートアジング専用ロッド「ソアレ ディープアジング」の紹介だ。

ボートで深場の巨アジを狙う

ソアレシリーズにディープアジングモデルが追加される。ボートアジング専用に設計されたロッドで2タイプが新しく追加。ベイトとスピニングそれぞれ1本づつで、計4本の登場だ。

ワームの操作性を重視

まずはVC(バーチカルコンタクト)というタイプ。これはワームでの使用を主軸においた設計で、目安の水深は10〜80mだ。キャロライナリグやダウンショットリグの操作を得意とし、圧倒的な感度でアタリを感知する。

深場の巨アジを抜き上げるパワーを有し、適度な竿のもたれがバラシを軽減。積極的に掛けていけるアジングの醍醐味を楽しめるロッドだ。

メタルジグの操作性を重視

次にFJ(フラッシングジャーク)というタイプ。こちらはメタルジグなどの操作に向いており、アジをバラさないようギリギリの硬さに設計されたモデル。

メタルジグを沈めたらボトムから表層に向かって、高速シェイクでヒットに持ち込む狙い方に向いている。イメージとしては漁港の表層にいるアジを、シェイキングしながら誘うときと動作は同じイメージだ。

深場でも細かい動作を確実に伝達してくれる感度と操作性を兼ね揃えている。

「ソアレ ディープアジング」のスペック

VC(バーチカルコンタクト)シリーズ

モデル名 自重(g) 長さ(m) 適合バーチカルウェイト(g) 適合ラインPE(号)
VC-S608M-S 未定 2.03 MAX56 MAX0.8
VC-B606ML-S 未定 1.98 MAX56 MAX0.8

FJ(フラッシングジャーク)シリーズ

モデル名 自重(g) 長さ(m) 適合ジグウェイト(g) 適合ラインPE(号)
FJ-S606M-S 未定 1.98 MAX30 MAX0.8
FJ-B604MH-S 未定 1.93 MAX40 MAX0.8

「ソアレ ディープアジング」の発売日

2017年4月発売予定

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト