テーマ別

トップページ>オフショア(船釣り)>ギアラボから「ショアフリップ」の紹介!鉛の採用でより気軽に使えるようになったモデル【JFS2017】

アクセス 2017年03月05日

ギアラボから「ショアフリップ」の紹介!鉛の採用でより気軽に使えるようになったモデル【JFS2017】

2017年1月20日から22日に開催された「ジャパンフィッシングショー2017」。ツリホウ編集部も参加し、各出展社に今年の新製品やオススメ製品を伺ってきた。

ギアラボ[Gear-Lab]のルアーコーナーから鉛素材で「ショアフリップ」の紹介だ。

鉛とタングステンの違いとは

「ショアフリップ」は素材がタングステンに比べて安価な鉛を使用したモデル。オカッパリでの使用に重点を置いており、ロックフィッシュを狙うときなど根掛かりしやすい場所を攻めるリスクが軽くなった。また、同じように見えて細かいところに違いがある。

「ショアフリップ」にはボディ中心の穴がないため「マイクロフリップ」のような遊動式の使い方ができない。ただしテール部分のアイにブレードなどをセットしてカスタムすることは可能だ。

またタングステンと鉛では比重が違うため、同じタダ巻きでも微妙にアクションが異なる。タングステンの方は比重が重いので、細かく動いて微波動を演出させやすい。

これに対して鉛は比重が軽いため、タングステンに比べてアクションが大きくなりがちだ。

本動画ではマダイは微波動を好む傾向にあるため「マイクロフリップ」が有効になりやすい。逆に根魚やヒラメは大きなアクションを好むため「ショアフリップ」が有効になりやすいと解説してくれている。

使い分けるときにこれらを意識してみるとよいだろう。

ラインナップは20,30,40,60gの全4種類となっている。

Amazonで購入

投稿ナビゲーション

タグ: / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト