テーマ別

トップページ>ブラックバス>Basser誌との連動企画!メジャークラフトの「スピードスタイル」を使用してヒロセマンが野池でバスを攻略

公式 2017年03月11日

Basser誌との連動企画!メジャークラフトの「スピードスタイル」を使用してヒロセマンが野池でバスを攻略

メジャークラフト[Majorcraft]の「スピードスタイル」を使用してヒロセマンが野池でバスを攻略する動画が公開された。カバーの多いエリアを7フィート台のロングロッドで攻めていくスタイルは要注目だ。

「スピードスタイル」を使用して野池のバスを攻略

ヒロセマンが同社の「スピードスタイル」を使用して、野池のバスを攻略する動画が公開された。

同社から発売されているソルトウォーターゲーム用の「ジグパラブレード」を使用して、テンポよくポイントを探っていく。これからバスフィッシングを始めようとしているアングラーはぜひ参考にしてみてほしい。

野池でのバスの攻略法

メタルバイブを用いての攻略法

遠投が可能であり幅広い範囲をスピーディーに探れるため、野池などの広大なフィールドでメタルバイブは有効だ。ただ巻きでも良いが、リフト&フォールで縦への誘いを入れることでリアクションバイトを誘う使い方もオススメしたい。

テンポよくランガンしてポイントを探る

広大なエリアでは1箇所にポイントを絞るのではなく、活性の高い魚を狙うためテンポよくランガンしてポイントを探ることが釣果アップに繋がる。

この際に、魚が溜まりやすい沈み根付近や、インレット周りを探ると好反応が得られることが多い。

ランディングネットを携行しよう

大型のバスがかかった際にはズリあげるのが困難なケースがある。そういった場合に備えてランディングネットを携行しておくことをおすすめする。

ランディングネットを持ち運んでおけば、ランカーサイズの大型をかけたにも関わらず、ランディングに失敗してバラしてしまう、というようなリスクを少しでも低減できるためだ。

身近な野池でバスフィッシングを楽しもう

北海道を除く、全国各地に分布するブラックバス。身近な野池に生息しているため、ルアーフィッシングの入門用ターゲットとしても最適だ。

ただし、地域によっては条例により再放流が禁止されているエリアもあるので、事前にその地域のルールをしっかりと確認してから釣りを楽しむようにしよう。

メジャークラフト「スピード・スタイル」OVER7

7フィートオーバーのバスロッドを使ったことがあるだろうか。「あの対岸まで…」、「あと5m飛べばブレイクに届くのに…」、そんなモヤモヤを吹き飛ばす、スピードスタイル・オーバーセブンが遂に登場する。

「バスロッドは6フィート台」という固定概念を打ち破った時、新しい世界と驚きの釣果が待っている。

ラインナップ

モデル名 長さ(ft) ルアー(oz) ライン(lb) 価格(円)
SSC-782M(2pcs) 7.8 1/4-3/4 10-16 20,500
SSC-762MH(2pcs) 7.6 1/4-1 12-20 21,000
SSC-742H(2pcs) 7.4 3/8-1.1/2 12-25 21,000
SSS-762L(2pcs) 7.6 1/16-1/4 4-8 20,500
SSS-762ML(2pcs) 7.6 1/8-3/8 5-10 21,000
SSS-S742UL(2pcs) 7.4 1/32-1/4 3-10 20,000

(太字は動画で使用されたタックル)

製品ページはコチラから

メジャークラフト「ジグパラブレード」

メジャクラプライス&クオリティで大人気の「ジグパラ」シリーズに、初の鉄板系ルアー「JIGPARA BLADE(ジグパラブレード)が登場!思い切り投げて、ただ巻くだけで魚の捕食スイッチにハイアピール。日本中のソルトフィッシュイーターが狙えます。巻き抵抗を程よく抑えつつ、簡単には浮き上がらない、しっかりとした波動を起こす絶妙の水押し感はレンジキープ必須のブレードゲームに最適です。

ラインナップ

[140mm(50g)・130mm(42g)・100mm(27g・35g)・75mm(23g18g)・55mm(14g)・44mm(7g・5g)・35g(3g)]

各7色 本体価格:オープン価格

製品ページはコチラから

投稿ナビゲーション

タグ: / / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト