テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>[Yutoさんからの寄稿] 激流メバリング!ストラクチャーにピッタリくっつく良型を狙います!

アクセス 2017年02月28日

[Yutoさんからの寄稿] 激流メバリング!ストラクチャーにピッタリくっつく良型を狙います!

こちら徳島は「今年は寒くないな〜」と思っていると、雪が降ったり突然暖かくなったりしてよくわかりません(笑)

まったく関係ない話しですが、オラフを作ってみました(笑)

で、釣りのほうはどうかと言うと、ライトゲームの最盛期となっています!

低水温を好むメバルが好調で、Facebookなどでたくさんの釣果を聞く度に体がうずきました。

そして!やっと!メバル釣りに行ってきました♪

今回は具体的なポイントを特定するのではなく、いろいろな場所でポロポロと釣ろうと考えました。

まず向かったのは鳴門の本流に面した堤防。

大潮+上げ潮ということで、もう川のよう(笑)

これだけ激しくゴーゴー流れていると何をしたらよいかもわからず、手も足も出ない。

「鳴門で釣りするならこの流れは攻略できなきゃな〜」と思いつつ移動です。

本流は厳しいと思ったので、狙いは流れの脇にできる反転流やヨレ

こういったところにはエサがたまりやすく、また流れも緩いため、魚がステイしやすいです。ほかには泳ぐのに無駄な労力を使う必要がないと言った利点もあります。

そうしたヨレを狙っていくと少しずつ反応を得られるようになりました!

これは本流に面したシャローで食った1匹。

狙ったポイントの底を通したかったので、かなり潮上キャストしてそこからはほぼ完全にフリーフォール

狙った場所に差し掛かったところでゆっくりと巻き始めると海藻に引っかかったのかと勘違いするようなノソーッとした当たりでした(笑)

こっちは潮ではなく、完全にストラクチャーに付いていた個体。

堤防とほぼ平行にキャストして巻き始めた瞬間クンッと♪

小さいけれど嬉しい1匹。

そして今回の釣行最大サイズであるこいつ。(と言っても21cmくらいです笑)

これは完璧に潮の壁に付いていた感じで、洗濯機のようにゴチャゴチャの中から釣れました(笑)

足元に湧き上がってくる潮、堤防にぶつかって反転する潮などのいろいろな要素がたまたま綺麗にはまったから釣れたっぽい。

その後ちょっと粘るも同じパターンでは釣れませんでした。

と、まあ釣れた魚について自分の考えを書いてみましたがあまり参考にならないかもしれないので、そこは暖かい目で見守っていただければ幸いです。

今回はずっとワームでの釣りでしたが、実はプラグにもかなり興味があります。

先入観とは怖いもので、ワームで釣れなければどうせプラグでも釣れないだろうとなってしまいます。

その先入観を払拭するために!次回はプラグでメバルを釣ってみたいと思います!多分。(笑)

釣行データ

釣行日

2017年1月28日

釣行場所

鳴門エリア

天気・潮汐

晴れ・大潮

今回のタックルセッティング

ロッド / イッセイ「碧 レベリング ISU-70XULS-LV」

リール / ダイワ 「ルビアス2004」

投稿ナビゲーション

タグ: / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー