テーマ別

トップページ>ブラックバス>[CCBさんからの寄稿] 寒くたって釣れる!冬のバス釣り爆釣ポイント教えます

[CCBさんからの寄稿] 寒くたって釣れる!冬のバス釣り爆釣ポイント教えます

タグ: / / /

アクセス 2017年02月25日

岡山の寄稿アングラーCCBさんの釣行記!冬のバス釣りは釣れにくく難しいシーズン。それでも天気やポイント、水温など釣れやすい条件を絞っていけば、貴重な1匹にたどり着けるはず。熱意あふれるCCBさんの攻略法をご紹介します。

どうもCCBです(´◡`๑)

今回は冬のバス釣りについて書いていこうと思います。

みなさんは、冬のバス釣りをされてますか?

寒い時期だからこそ、価値ある1匹を求めて試行錯誤をするのも一興かとw

ということで、行ってみよう(;´༎ຶД༎ຶ`)

…なぜ涙?謎!!

まずは、抑えておきたいポイント

水温ついて

これが一番重要です。できるだけ仕事場と家の通勤エリアで釣り場を探しましょう。

釣る場所やエリアを決めて毎朝水温チェック!

なぜ毎日するかというと、水温がかなりバスに影響するからです。

水温が高くても意外と食いが悪かったり、水温が低くても食いがよかったりします。

コレは実際に経験してて

12℃ある池に行くと、活性が悪く

隣の野池に行くと8℃でも子バスのチェイスがあったりと、活性が高めな場合がありました。

それらの要因を考えると、なかなか答えが出ませんでしたが…

なんらかの問題があり、水温が高い池は前日より水温が低くなってしまっていてバスの活性も低くなってしまっている事があげられます。

なので、水温が上がったタイミングの時は、特に集中して釣りをした方がいいですね。

場所について

これは水温が測りやすい場所がいいのですが、選ぶポイントとして重要なのが、冬は北西の風がよく吹くのでその風を防げる野池や川です。

そして、別の探し方で考えると、住宅地の中にある池や川!

そこは、生活用水が流れている場合があるので、比較的暖かい水が流れています。

温排水がでるポイントもはずせません٩( ᐛ )و

そして、オススメポイントは…「水路」!

ポイントも絞りやすくバスが集まる場所もわかりやすいですw

狙うは水路の最下流域。水深があってバスはここに集やすいです。

河川みたいに、広くないので全域をカバーできます。

時間について

朝マズメと昼そして夕マズメと夜!

オススメは夜です٩( ᐛ )و

何故か?冬は夜によく釣れるイメージがあります。

朝は夜の冷え込みとアングラーからのプレッシャーがあります。

昼は風が吹いて釣りにくい。

夕マズメから夜にかけては風が止み、水温が下がりきらない時間帯で闇がプレッシャーを下げてくれます。

【次ページ:よく使うルアーについて紹介します!】

投稿ナビゲーション

タグ: / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト