独自の理論はプロ顔負け!2017年度ツリホウ寄稿アングラー 選考時の寄稿を一挙公開!

2017年02月20日 (最終更新日:2017年10月25日)

目次

  1. オリジナルペイントで爆釣必至!「Aji-can」さんからの寄稿
  2. アジンガーやぎちゃんの師匠!?「ぁしゅら」さんからの寄稿
  3. 東京湾はオレの庭!「宗」さんからの寄稿

[ぁしゅらさんからの寄稿] ベイトアジングで爆釣!たとえシーバスがかかっても…

さて、今朝の朝間の釣行をご紹介したいと思います。

昨日は4メートル近い波と強烈なウネリのため、好調な漁港の駐車場で佇んでました(笑笑)

今朝も波は少し落ち着いたものの、強烈なウネリが残り、やりにくそうな雰囲気。

メバルも出る漁港なんで、早々に釣り座を確保してキャスト開始。

先ずはウネリと波で出来たサラシや潮目にフロートリグを送り込んでやります。

ロッドは月下美人MX86ML-S

リールはストラディクci4+ 2500

PE0.4号

リグはアルカジック シャローフリーク F7.5g+尺ヘッドRタイプ0.5g、リーダーはフロロ6ポンド。

ワームはアジマスト2.4インチのチャート。

ライトゲームには少しヘビーですが、過去にはデカいメバルにも良く対応してくれた組み合わせです。

すると…小さいアタリが。

このサイズのアジが釣れます。

朝間の時合いにはかなり早いですが、やはり早々に釣れると嬉しいもんです。

が、しかし、様々な場所にリグを送り込んでやるも反応なく、タックルチェンジ。

今度は最近取り組んでるベイトフィネスなタックルに。

ロッド ソルティーセンセーション マルチポテンシャル70S

リール アルファスAIR 5.8L

PE0.4号

リグはキャロライナーリグ。

アクティブ タングステンキャロTG 5.0g

ジグヘッド 尺ヘッドRタイプ0.3gの組み合わせ。

ワームは34オクトパス1.8インチ 【しろ】

にて、ボトムをとり中層をスイミングさせてみます。

何投かすると、ボトム付近にて反応が。

やはりアジの様です…が、足元のサラシに持っていかれ、バレ。

この後も掛けてはバラしを何回か繰り返し、ワームチェンジ。

カラーを【しろ】から【ぎん】にしてみると…

ガッチリフッキング。

しばし連発。

さらには足元に40〜50センチのシーバスが抜き上げのアジを狙ってサラシの中から水面を割り、何度か食いついて来ました(汗)

ベイトタックルなので、掛けても勝負は出来ますが、そんな簡単には針がかりしないですね〜(^^;;

以前、同じ場所でライトタックルで獲った1尾です。

フッキングがキッチリ決まればこんなシーバスが出ます。

ずっと好調な漁港での朝間の釣行はまだまだ続きます。

みなさんも安全にはくれぐれも注意して是非チャレンジしてみてください。

それではまた。

タックルデータ

ロッド / エバーグリーン「ポセイドン ソルティセンセーション PSSC-70S マルチポテンシャル」

リール / ダイワ「アルファス エア(ALPHAS AIR) 5.8L」

ワーム / 34「オクトパス 1.8インチ」

【次ページ:東京湾奥の凄腕アングラー「宗」さんからの寄稿】