ダイワの「鏡牙」シリーズを解説!使いやすさにこだわったタチウオ専門ブランド【JFS2017】

タグ: / / / /
2017年02月10日 (最終更新日:2017年04月10日)

メタルジグ

メタルジグも度重なる実釣テストを経て作られた。実際に現場でジグを削り、その動きからタチウオの反応まで様々な要素を確かめながら作られたジグは、選りすぐりの自信作として製品化された。

少し画像ではわかりにくいかもしれないが、女性が釣果を出したジグの角をみると現場で削った後が残っている。

フック

タチウオジギングではショートバイトに対応すべく後方にセットするリアフックを使用することが多い。鏡牙ではこのリアフックの取り付け部分にサルカンを装着。

これは「BL(バラシレス)システム」と名付けられており、ハリが回転する仕組みになっている。タチウオがファイト中にグルグル回ってもバレにくい。

さらにラインがリアフックに絡んでジグの動きを妨げる、通称エビと呼ばれる状態になるのを防ぐメリットもある。

エビと言われる状態(テーリングとも言う)

【次ページ:ロッドとリールのスペック表を公開】

タグ: