ショートバイトも逃さない!メジャークラフトの「三代目クロステージ ロックフィッシュシリーズ」の特徴をヒロセマンが解説

タグ: / / / /
PR
2017年02月04日 (最終更新日:2017年02月05日)

メジャークラフト[Majorcraft]の「三代目クロステージ ロックフィッシュシリーズ」をヒロセマンが解説する動画が公開された。三代目となるクロステージの特徴を余すことなく解説しているので、購入を検討しているアングラーは必見である。

ヒロセマンが「三代目クロステージ ロックフィッシュシリーズ」を徹底解説!

ヒロセマンが同社の「三代目クロステージ ロックフィッシュシリーズ」の特徴を徹底解説する。これからロックフィッシュ用ロッドの購入を検討しているアングラーはぜひ参考にしてみてほしい。

「三代目クロステージ ロックフィッシュシリーズ」の特徴

クロスフォース製法により、高感度かつロッドパワーのあるロッドに仕上がっている。本シリーズには2タイプのロッドがあるので、それぞれの特徴を説明する。

ソリッドティップモデルの特徴

ソリッドティップは非常に繊細なティップを持つため、ショートバイトを感知しやすい。ティップ部分がしなやかなため、小さなアタリを乗せやすいという特徴もある。

また、ティップ部分がホワイトカラーとなっているため視認性が良く、夜でもアタリを捉えやすい。

チューブラーティップモデルの特徴

チューブラーティップは感度に優れ、細かいアクションをつけるのに適している。メタルジグやプラグといった、自重のあるルアーを扱う際にはチューブラーティップの方が扱いやすい。

2タイプのロッドを使い分けて、デイ&ナイトでメバリングを楽しもう

相反する特徴を持つソリッドティップとチューブラーティップ。使用するリグに合わせてロッドを選択すると、より快適に釣りを楽しめるだろう。

デイゲームでメタルジグやプラグを使用する際にはチューブラーティップを、ナイトゲームでジグヘッド単体で使用する際にはソリッドティップがおすすめだ。

2タイプの使い分けで釣果をアップを目指そう。

メジャークラフト「三代目クロステージ メバルシリーズ」

1471574371150_2

本格的高感度ブランクを新搭載の3代目クロステージ メバル・アジングモデルの登場です。
近年のメバル&アジングゲームは、初代クロステージが登場した頃よりタックルやリグなど大きく進化しています。
その進化に合わせて3代目クロステージでも高感度化が進みました。中・高弾性カーボンを使用し、高弾性の含有率も大きくなることで、今まで以上の高感度化を実現。バット部のもたつき感を軽減するためにクロスフォース製法を採用、よりクイックな操作性と俊敏なアワセが可能となりました。リグの多様化に伴い、ジグヘッドだけではなく、マイクロジグ対応のシリーズやフロートリグにも対応できるラインナップになっております。最新のスペック搭載の3代目で最新のメバル・アジングを楽しんでください。

ラインナップ

モデル名 長さ(ft) ルアー(g) PEライン(号) 価格(円)
CRX-T732L 7.3 0.5-7 0.2-0.6 10,800
CRX-T762L 7.6 0.5-7 0.2-0.6 11,000
CRX-T792L 7.9 0.5-7 0.2-0.6 11,500
CRX-T762ML 7.6 0.8-10 0.3-0.8 11,500
CRX-S702UL 7.0 0.4-5 0.1-0.6 10,500
CRX-S732UL 7.3 0.4-5 0.1-0.6 10,800
CRX-S762UL 7.6 0.4-5 0.1-0.6 11,000
CRX-S792UL 7.9 0.4-5 0.1-0.6 11,500

(太字は動画で使用されたタックル)

製品ページはコチラから

タグ: