テーマ別

トップページ>ブラックバス>夏のバスは「フロッグ」で攻略! トップウォーター攻略法まとめ

img_4111

13517アクセス 2015年07月07日

夏のバスは「フロッグ」で攻略! トップウォーター攻略法まとめ

img_4111

出典:ドゥ ノット ミストリート バス | 寝ずにバス釣り stoic bassfishing

フロッグとは

フロッグとは、名前の通りカエルを模したトップウォータールアーである。内部が空洞になっている中空のものが主流だ。フロッグと聞くと雷魚釣りを思い浮かべる方も多いと思うが、近年はバスのフロッグゲームが注目を集めている。今回は、そんな最近人気のフロッグゲームについて解説する。

フロッグで攻める場所

フロッグは、トップウォータールアーの中で最もスナッグレス性の高い構造をしている。よって、主にヒシモやハスの上、ゴミ溜まり、アシ際、オーバーハングなど、他のハードルアーが攻めることができないポイントを攻めることがで釣果が向上する。

これらのポイントは、以前紹介したパンチングで攻めるポイントと類似している。しかし、これらは使い分けが大事だ。ヒシモやゴミ溜まりのマットの下にいるバスには、表層を意識しているものと、中層またはボトムを意識しているものがいるからである。

パンチングとフロッグの両方を駆使することで、パンチングでは反応しないバスはフロッグで、フロッグで反応しないバスはパンチングで狙うことができるのだ。もちろんオープンウォーターでも使用することができる。

フロッグのアクション方法

アクションは、基本的にはドッグウォーク+ポーズの繰り返しポッパータイプのフロッグは、通常のポッパーと同じようなアクション方法で構わない。そちらについてはポッパーの記事を参照してほしい。

フロッグのアワセ

フロッグはスナッグレス性が高い分、フッキング率は悪い。バイトがあった瞬間にアワせてしまうとすっぽ抜けてしまうのだ。よって、バイトがあったら1〜2秒の間をおいて力強くアワせよう。また、バイトミスを防ぐためにもポーズの時間はしっかりとって、若干のラインスラックを保つようにしよう。

フロッグと相性が良いタックル

ロッド、リール、ラインは、太軸フックをバスの口に貫通させ一気にバスをマットの中から引き出せるだけの、パンチングと同じようなヘビータックルで挑むのがよい。これについてはパンチングの記事を参照してほしい。

ブラックバス攻略にオススメのフロッグルアー

エバーグリーン[EVERGREEN]・キッカーフロッグ

定番のバス用フロッグ。小粒なボディでフッキング率は抜群。加えて飛距離も十分にでる。

エバーグリーン[EVERGREEN]・ポッパーフロッグ

ポッパータイプのフロッグといえばコレ。カップのおかげで様々なアクションをすることが可能。マットの薄いエリアやオープンウォーターで強い。

メガバス[Megabass]・PONY GABOT

メガバス(Megabass) PONY GABOT トノサマフロッグ
メガバス(Megabass) (2013-06-01)

メガバスからリリースされているフロッグ。飛距離が抜群で、かつ非常にアクションしやすいのが特徴。初心者にもオススメだ。

フロッグで夏バスを制覇!

フロッグゲームは夏にぴったりの釣り。フロッグとパンチングを駆使して、夏バスを制覇しよう!

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト