[CCBさんからの寄稿] 価値ある一匹を!真冬の減水期は足元をよく見ておきましょう

タグ:
2017年02月11日 (最終更新日:2018年12月13日)

どうもCCBです。

いつもみなさん、読んでいただきありがとうございます( ̄^ ̄)ゞ

ということで今回も冬のバス釣りにチャレンジしてきましたw

チームメンバーでも…まだ数名しか釣れてない現状!

この時期は、本当に難しいですね(^◇^;)

まずエントリーしたのは、倉敷川。

バスの冬越え場として有名なポイントに入ります。

ここは、深場もあり、ごろた石の浅場もあり流れは緩やか!!

鳥たちも、ベイトを追いかけ回している状況でした。

CCBは、スナイパーの如く望遠鏡で何を食べてるか観察しました。

見えたのは、小魚!!細長いモロコみたいなやつでした。

そこで、同じ大きさくらいのレイドジャパンの「レベルシャッド」をチョイス!

ストップ&ゴーで誘います。

少し沖の方に藻場があるので、その上を通す感じ!

藻にスタッグして、絡みが取れた瞬間に

グッ

グッググッと

バイト!?

来たぜ〜!!

めっちゃ久しぶりのバスちゃんだぜw

浮かれてやりとりしていると…

ふっ

んっ?

軽い(*´-ω・)ン?

もしかしての、フックOUT!

何やってんだCCB!!

この貴重な時季の価値ある1匹を浮かれてバラすなんて(^◇^;)

その後は、シンキングミノーで、ジャークさせたり「レベルバイブ ブースト」で、シャクりますが…ノーバイト!!

とりあえず、風も出て来たので撤退しました。

「次ページ:水温を計って温かいところを狙ってみる」

タグ: