アワセのタイミングの参考に!魚種別の捕食シーンまとめ

タグ: / / / / /
2017年02月08日 (最終更新日:2017年06月06日)

目次

  1. スズキ、クロダイの捕食シーン
  2. ブリ、アオリイカの捕食シーン
  3. カワハギ、カサゴの捕食シーン
  4. ヒラメ、シロギスの捕食シーン

ヒラメ

砂の中に隠れてじっとしていると思っている方も多いかもしれないが、ヒラメは非常に瞬発力に優れた魚。比較的素早く泳ぐアジやイワシでも、逃すことなく的確に捕食しているのが分かる。

また、大き目の餌は鋭い歯でじっくりと噛んで弱らせて捕食するのに対し、小魚は丸呑みしてしまう。一旦逃げられても追いかけまわして噛みつくほど貪欲でもあるようだ。飲み込めないサイズの魚の捕食時間は長めで、泳がせ釣りで「ヒラメ40」と言われるのも頷ける。

さらに、ヒラメや底付近だけでなく中、表層にも上がってきて餌を食べることも多い。筆者も中層~表層のバイブレーション早巻きでヒラメがヒットした経験が何度かある。小魚が大量にいる状況では、ヒラメが水面から飛び出してまで捕食する場合もある。

シロギス

小気味良いアタリが魅力のシロギス。一体水中ではどのように餌を捕食しているのだろうか。

長い虫エサを端から咥えるシロギス。シロギスには餌を千切るような歯がないので、長い餌を頭を振って千切ろうとしている。

キス釣りで餌を長めに付けるのは、アピール力が増すもののシロギスに餌を短くされるだけであまり意味がないと言えるだろう。

捕食動画を見てイメージを掴もう

捕食シーンをじっくり見てみると、吸い込んだり噛みついたり、口の動きなどから、今までのアタリの出方や針の掛かり方に納得する点もあるはずだ。

また、食う瞬間のイメージを持つことで、頭の中で水中の様子を映像化してモチベーションを保つことにもつながる。

自身の釣りスキルアップのためにも、魚の捕食活動についてより深く考えてみよう。

タグ: