アワセのタイミングの参考に!魚種別の捕食シーンまとめ

タグ: / / / / /
2017年02月08日 (最終更新日:2017年06月06日)

目次

  1. スズキ、クロダイの捕食シーン
  2. ブリ、アオリイカの捕食シーン
  3. カワハギ、カサゴの捕食シーン
  4. ヒラメ、シロギスの捕食シーン

カワハギ

餌取り名人として知られるカワハギ。小さな口で餌を小突くようにして捕食しているのが分かる。繊細で細かいアタリが出るのも頷ける。

さらに、小突くだけでなく餌を丸ごと口に含む様子もうかがえた。本来ならばこの瞬間を竿で捉えてアワセるのだろうが、口に含んだ直後には空の針を吐き出してしまっているので、いかにこの瞬間を捕らえて掛けていくかが難しくも楽しい点だろう。

カサゴ

カサゴは根魚の代表魚。根魚は主に岩などの陰に隠れており、餌を待ち伏せしている。近くに餌を見つけるとカサゴは素早く移動して餌を吸い込み、また定位置に戻る。

動画でもブロックの中にいたカサゴが飛び出してきて餌を捕食し、再びブロックの中に入っていく様子が捉えられている。アタリがあってもアワセ損ねたりすると根に潜られてしまうのはこのためだ。口の大きなカサゴは、スズキと同様に餌を丸呑みする場合が多い。

また、アコウやメバルなどは根に張り付かずに浮いている場合も多い。水族館などでよく観察してみると、意外な場所にいたりするので面白い。

【次ページ:ヒラメ、シロギスの捕食シーン】

タグ: