アワセのタイミングの参考に!魚種別の捕食シーンまとめ

タグ: / / / / /
2017年02月08日 (最終更新日:2017年06月06日)

目次

  1. スズキ、クロダイの捕食シーン
  2. ブリ、アオリイカの捕食シーン
  3. カワハギ、カサゴの捕食シーン
  4. ヒラメ、シロギスの捕食シーン

ブリ

ジギングなどで人気のターゲットのブリ。主にアジやイワシ、カマスなどの小魚を捕食している。動画でも分かるように、群れの中へ突っ込んで餌を捕らえる方法をとっている。

また、同じく魚食性の大型魚であるスズキのように吸い込んで捕食するのではなく、一匹ずつ確実に捉えて捕食する場合が多い。

また、ブリなどの青物は魚の頭を目がけて食ってくると言われている。青物狙いのメタルジグには頭側にアシストフックを付けるのはこのためだ。

アオリイカ

エギングのメインターゲットであるアオリイカ。実際の捕食のイメージがつかないという方も多いはずだ。

この動画で餌となっているのはチチブというハゼの仲間。1対ある触腕と呼ばれる長い腕を伸ばして器用に捕食しているのが分かる。

動画にはカミナリイカも登場し、捕食行動を見ることができる。触腕を用いる点ではアオリイカと共通だが、触腕を伸ばす長さが大きく異なる。カミナリイカは体をあまり動かさずに瞬時に触腕を長く伸ばすことで獲物を捕らえている。アオリイカは、ある程度獲物に近づいてから触腕を使用しているのが分かるだろう。

捕食の瞬間の色の変化にも注目だ。

こちらは水槽の中ではなく、海でアオリイカがアジを狙う様子。それほど遊泳力が高くなく、前の動画で見たように獲物に近づく必要があるため、元気なアジを捕食するのは大変なようだ。

ちなみに、この動画ではアジの捕食シーンも見られる。口をパクパクさせてプランクトンを吸い込んでいる様子が分かるだろう。

【次ページ:カワハギ、カサゴの捕食シーン】

タグ: