テーマ別

トップページ>ショアジギング>[マサさんからの寄稿]#11:シドニーの地磯でヒラマサをキャッチ! 2日連続釣行で活躍したものとは

アクセス 2017年01月06日

[マサさんからの寄稿]#11:シドニーの地磯でヒラマサをキャッチ! 2日連続釣行で活躍したものとは

またまたご無沙汰な寄稿記事となってしまいましたマサです。

シドニーの波事情の話なんですがなぜか週末になると高くなる仕様でして……。

2週間くらい磯に立てなくて、ギリギリ立てるかなくらいの波で磯場行ったら結構高くて

1時間くらいで釣り断念とかありまして…魚釣れてませんでした。(THE言い訳)

さて、24日と25日にかけて自分が所属する釣りグループ「平政會」のコウジ氏ケイゴ氏とその家族と一緒にシドニーから約3時間ほど南に位置する

Jarvis Bay(ジャービスベイ)と呼ばれる場所へキャンプに行ってきました!キャンプをしながら朝は釣りって流れです。

このジャービスベイ、ショアからマグロやカジキが釣れた実績のある磯です。

夢が広がるー!!って所です。

友人達は23日から休みだったので23日出発でしたが自分は23日仕事だったので仕事終わりに準備して21時頃Jarvis Bayへ出発し深夜12時過ぎに合流出来ました。

軽くビールを飲んで就寝

キャンプサイトから釣り場駐車場までは5分くらいなので少しゆっくり目に起床です。

準備をして出発。駐車場からは5分から10分ほどで聞いていましたが10分経つけど磯場に着かないw

情報騙されてまして結局25分ほどの散歩でした(笑)

磯場へ到着してタックルの準備をします。

ちと波高いな。

足場が高い磯場なので大丈夫でしたが、足場が高い+波っけがあるのでダイペンは引きにくい場所でした。

ダイペンは引きにくそうだったのでタックルハウスのK-TEN Blue Ocean 175SWからスタートで表層ちょい下を攻めていました。

波がワチャワチャとしていて時折水面に飛び出てしまいながらも

色々アクションつけて巻いてましたが反応無し。

ルアーをポッパー・ダイペン・メタルジグとローテさせて探りましたが反応は得られなかったので少し離れた違う場所を移動しました

合流したらケイゴ氏が何か魚をばらしたと。

魚からの反応はありって事でホッとしましたw

自分はサブロッドに持ち替えて軽めのジグの激投レベル40gで軽くシャクってました。

隣でケイゴ氏が「追ってきてる!」と叫びます!

ルアーの後ろを3、4匹の魚影が見えるじゃないですか!!

自分はジグをフォール中……。

ケイゴ氏の1回目のチェイスには食わずに投げ直した再度チェイス

そしてケイゴ氏のペンシルにバイト!!

自分はフォールさせきったジグを表層早引きしていたら自分のジグにもバイトしてきたー!!!

ヒット!!!

かかった魚は下へ下へ潜っていきます!

そう、ヒラマサさんです。

サイズは小さいものの元気よく引きます。

足元まで寄せてきてカツオの一本釣りばりにぶち抜きました(笑)

自分で言うのも何なんですが久しぶりのヒラマサなのでいい笑顔してますw

サイズは小ぶりの60cm無いサイズでしたが嬉しい一本です。

この直後にコウジにもトップのペンシルに同じ群れのヒラマサがバイトしてきて

3人見事にヒラマサを釣り上げる事が出来ました。

その後も投げ続けますが時合は一瞬で終わりこの後は反応が無くなりました。

新しい場所だったので他の所にも行ってみようって事で違う地磯入りましたが浅すぎたりで最初のポイントが一番良い所でしたね。

そしてそのまま納竿としてキャンプサイトへ戻りました。

この後は昼寝したりキャンプカレー食べたりキャンプサイトでまったりして夜10時半に就寝。

「次ページ:2日目! ジグの表層トゥイッチに反応したのは?」

投稿ナビゲーション

タグ: / / / / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー