[スズシゲさんからの寄稿] 1,000匹はくだらない?海面一面のアジのヒットワームを探る

タグ: / / / /
2016年12月21日 (最終更新日:2018年12月13日)

初冬アジングにおけるヒットワームまとめ

今回使ったワームはこちら。

image-13

右からアジリンガー(レイン)、アミアミ(ジャッカル)、シーモンキー(ヤマリア)、スルーリー(アクアウェーブ)、キメラベイト(34)、スクリューテールグラブ(オフト)、ジュニア(34)です。

今回、アミ(プランクトン)を捕食していたアジは、右側3種類だけで全て釣りました。

もっというと、右側3種類のワームでしか釣れませんでした。

一番右のアジリンガーが一番アタリが多かったものの、抜き上げで海面にポチャリと落としてしまうことも一番多かったです。

おそらく、ワームが太いのでうまくフッキングに至らなかった(腕が悪い)のでしょう。

一番コンスタントにアタリ、キャッチできたのが右から2番目のアミアミ。

最もアタリが少なかったものの、キャッチ率が高かったのが右から3番目のシーモンキーでした。

面白いことに、それ以外のワームは全然反応なし。

ストレート系では結果が(というかアタリすら)出せませんでした。

アミパターンにはリブ系ワームが効く!?

今回、よく釣れたワームには全て太めのリブがついていました。

太めのリブは波動が強いため、小魚(ベイト)パターンに効くのでは?と考えていましたが、アミパターンにも無類の強さが発揮されました。

34からリリース予定のプランクトン系ワーム「タープル」も太めで星形リブがついているので、アミを捕食している魚にはリブが効くのかもしれません。

今回使用したジャッカルのアミアミ、豆アジでもフッキングしやすいのでもうちょっとカラバリ揃えて使い倒してみたいと思います。

以上、「1,000匹はくだらない?海面一面のアジのヒットワームを探る」でした!

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

読み物系釣りブログ「淡路島ライフ」も、よろしくお願いします。

釣行データ

釣行日

2016年12月9日

釣行場所

淡路島

天気・潮汐

晴れ・若潮

今回のタックルセッティング

ロッド/ メジャークラフト「クロステージ CRS-702」

リール/ シマノ「ナスキー C2000S」

この記事を書いた人

スズシゲ

スズシゲ

淡路島特化型アングラー。ブログ「淡路島ライフ」を運営。釣り情報だけでなく、観光情報からグルメ情報まで鋭意発信中。
タグ: