[スズシゲさんからの寄稿] 1,000匹はくだらない?海面一面のアジのヒットワームを探る

タグ: / / / /
2016年12月21日 (最終更新日:2018年12月13日)

ポイントチェンジが大成功。アジがアタリまくり!

先のポイントにはやる気のあるアジがいない(俺には食わせられない)と判断し、ポイントを少し変えます。

潮流が効いたポイントへ移動してきました。

ボトムから探るべく、先と同じ1.2gのレンジクロスヘッドに2.5インチのスルーリーをセット。

ボトムを引いてくると、コッ…コッ…モゾッとたくさんのアタリがあります。

アジのサイズが小さいのかな?とワームをアミアミ1.5インチまでダウンサイズすると……

image-8

14cm程度と豆サイズながらしっかりキャッチ。

ここで疑問が浮かびます。底に落としてこのサイズなら、中層を探っても同じでは?

着水後に5カウントしてロッドを水平にサビいてくると、やはり大量のアタリが。

image-9

アミアミ、釣れますね~。

その後もコンスタントにヒットするので、カラーチェンジをしてみることに。

アミアミはクリア系カラーしか持っていないため、似た形状のアジリンガーのチャートグリーン系カラーに変更。

image-10

アタリの数も変わらず、しっかりキャッチできます。

他にソリッド系の透けないカラーも試したかったですが、あいにく手持ちがなかったためアミアミ(クリア系カラー)とアジリンガー(チャートグリーン系)をローテーションしながら数釣りました。

image-11

ポイント変更後に釣ったアジの胃の中

ポイント変更後に釣ったアジの胃の中には、アミがたくさん入っていました。

一部ゾエア(カニの幼生)もまざっていますね。

image-12

アミを中心としたプランクトンを捕食している群れだったということでしょう。

小魚(ベイト)を食べ終えていた群れよりも、めちゃくちゃ釣りやすかったです。

【次ページ:初冬アジングにおけるヒットワームまとめ】

タグ: