[スズシゲさんからの寄稿] 1,000匹はくだらない?海面一面のアジのヒットワームを探る

タグ: / / / /
2016年12月21日 (最終更新日:2018年12月13日)

定番ポイントにはアジがうじゃうじゃ。1,000匹はくだらないのでは?

まずは、手堅くアジの回遊が見込めるポイントにエントリー。

海面をライトでサッと照らすと、うじゃうじゃいます。

(このときポイントには私1人でしたが、海面をライトで照らすのは周囲の釣り人の迷惑となるので注意しましょう)

image

見えますか。これ、全部アジです。

こんな群れが、海面のあちこち至る所で見られます。

見えるだけで1,000匹はくだらないんじゃないか……と思ってしまうほど。

すごい魚影です。

役者は揃った、後は釣るだけだ!と実釣開始です。

まずはワームをローテーションしながらポツポツ

表層にたくさんアジが浮いているので、アミパターンを意識したセッティングでスタート。

土肥富のフロードライブヘッド0.6gにジャッカルのアミアミ1.5インチをセッティングです。

image-1

表層をフラフラと漂わせると、1投目からヒット!

image-2

ジグヘッドごとワームを丸呑み。

写真ではスナップしか見えていません。

こりゃ、活性高いや!爆釣かな!?と期待の2投目。

反応なし。

3投目以降も反応なし。

あれ?おかしいな?

アクションを変更して探ります。

早めのリトリーブ、リフト&フォール、ふわふわドリフトetc…

どれも反応せず。

再現性、ゼロ。

1投目はマグレだったのかな?(汗)

【次ページ:ワーム&ジグヘッドローテーションで淡路島アジを拾っていきます】

タグ: