テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>[スズシゲさんからの寄稿] 1,000匹はくだらない?海面一面のアジのヒットワームを探る

13384アクセス 2016年12月21日

[スズシゲさんからの寄稿] 1,000匹はくだらない?海面一面のアジのヒットワームを探る

image-9

こんにちは!

読み物系釣りブログ「淡路島ライフ」のスズシゲです。

日中の冷え込みが段々と強くなるなか、アジングシーンも盛り上がってきました!

今回は、初冬のアジング実釣レポートです!

海面一面にアジの回遊が見えるほど濃い魚影

その中で、ヒットパターンを掴むまで苦労しました……。

初冬アジングのヒットワームについて、最後にまとめています。

(結論からいうと、リブ系ワームのみに爆釣でした)

淡路島の初冬アジング事情

ここ淡路島では、夏~秋の豆アジが成長した個体となり、晩秋~初冬にかけて20cm前後のアベレージサイズが多く回遊してきます。

タイミングや条件があえば25cmクラス、狙っている人は尺アジを釣り上げることも。

一年を通して最もアジングしやすい季節。ベストシーズンです。

【次ページ:定番ポイントにはアジがうじゃうじゃ。1,000匹はくだらないのでは?】

投稿ナビゲーション

タグ:

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト