バス釣り初心者は必見!よく使うリグの作り方とコツまとめ

タグ: / / / /
2016年10月21日 (最終更新日:2017年06月21日)

目次

  1. ノーシンカーリグ
  2. テキサスリグ
  3. キャロライナリグ
  4. ネコリグ

ネコリグとは?

ネコリグは近年になって登場したリグではあるが、瞬く間に普及し現在は定番リグのひとつになっている。ワッキーリグとは違いネイルシンカーというものをワームに埋め込むのが特徴だ。

バスが根こそぎ釣れてしまうので「ネコリグ」と呼ばれるようになった。

ネコリグに必要なもの

IMG_4125

  • フック(マスバリ)
  • ワーム
  • ネイルシンカー

ネコリグの作り方【コツその1】

IMG_4138

まずラインにフックを結び、ワームを写真のように縦刺しでセットする。基本的にフックの先がテール部分の方向に向くようにセットするのが望ましい。

ネコリグの作り方【コツその2】

FullSizeRender (3)

u

ネイルシンカーを埋め込んで完成。

ワームの端からシンカーを刺すのではなく、ワームの途中付近から斜めに端に向けて刺すことで、釣りの途中でネイルシンカーが抜けることがなくなるのでおすすめだ。また、ワームの身切れを防止するためにワーム中央にリングを装着することもある。詳しくは下記動画でチェックしてみてほしい。

ネコリグの作り方・水中映像

全てのリグを使いこなそう

それぞれのリグが得意とするフィールドや状況がある。いかなる状況にも対応できるように、全てのリグの作り方を覚えておこう。

関連商品

タグ: