テーマ別

トップページ>その他>[スズシゲさんからの寄稿] 目からウロコの技術が盛りだくさん!34アジングセミナー参加レポート

アクセス 2016年12月09日

[スズシゲさんからの寄稿] 目からウロコの技術が盛りだくさん!34アジングセミナー参加レポート

unnamed-1

こんにちは!

読み物系釣りブログ「淡路島ライフ」のスズシゲです。

アジングルアーメーカー、34(サーティーフォ―)さんのアジングセミナーに行ってきたのでその報告レポートです!

34(サーティーフォ―)の提唱するアジングを体験してきました。

色々と、考えさせられることが多かったです……!

34(サーティーフォ―)のアジングセミナーとは

アジングに特化したルアーメーカー、34(サーティーフォ―)さんが定期的に開催されている、アジングのセミナーです。

年に10回程度、全国各地で開催されています。

毎回、だいたい二部構成でのセミナーとなっています。

第一部は講師による座学(意見交換?)型のセミナー、第二部は実際にフィールドに立ってルアーを操作しながらの実釣セミナーとなることが多いです。

昼過ぎに始まって、夕方に実釣という流れですね。

気になる参加費はなんと!無料なんです(2016年11月現在)。これはかなりうれしいですね。

今回の会場は公民館

今回の会場は淡路島の公民館でした。(写真ボケすみません……)

セミナー開始は13:30〜(受付は13:00〜)だったので、13:15頃に現地到着。

unnamed

会場に到着して驚きました。なんと、駐車スペースが全然ない!

駐車場には、大阪・徳島ナンバーの車はもちろん、奈良ナンバーや名古屋ナンバーの車まで、ずらり。

このセミナーの注目度の高さがうかがえます。

なんとか、隅の方に空いている駐車スペースを見つけて一安心。

セミナー開始 15分前でこの状況だったので、今後参加される方はできるだけ早めに現地に到着していたほうが安心かもしれませんね。

【次ページ:いよいよ会場入り!第一部セミナーでは刺激的な話が盛りだくさん!】

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト