テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>尺アジ攻略にオススメのアジング用メタルジグとルアー、その使い方まとめ

尺アジ攻略にオススメのアジング用メタルジグとルアー、その使い方まとめ

タグ: / /

アクセス 2017年08月22日

アジングというと「ワーム+ジグヘッド」の組み合わせが基本だが、近年メタルジグを使用したアジングも人気を集めている。今回はメタルジグを用いたアジングの特徴やタックル、おすすめルアーを紹介していこう。

アジングというと「ワーム+ジグヘッド」の組み合わせが基本だが、近年メタルジグを使用したアジングも人気を集めている。

今回はメタルジグやルアーを用いたアジングの特徴やタックル、おすすめルアーを紹介していこう。

目次

  1. アジングにメタルジグを用いるメリット、デメリット
  2. アジ用メタルジグの使い方
  3. おすすめのアジング用メタルジグ5選
  4. メタルジグ使用におすすめのアジングロッド
  5. ワームやジグだけじゃない!おすすめのアジング用ルアー

アジングにメタルジグを用いるメリット

抜群の遠投性能

メタルジグの一番のメリットはその遠投性能。ジグヘッドとは比べ物にならないほどの飛距離が得られるため、広範囲を攻めることが可能。

アジがジグヘッドの射程圏外を回遊している状況でも、ジグヘッドの倍近い飛距離でアジを狙い撃ちすることができる。

手返しがいい

ワームは一匹釣れたらセットなおしたり、新しいワームに交換したりする手間があるが、メタルジグにはそのような手間はない。

またフォールスピード、アクション等、釣り方の特性上ワームよりもテンポの速い釣りが可能なため、手返しが良いのも大きな魅力だ

メタルジグによく反応する群れに当たれば数釣りも楽しめる。

デイゲームで活躍

メタルジグはワームにはないキラキラとしたフラッシングと素早い沈下速度で反射的なバイトを誘うことができる。

そのため、基本的に活性が低くルアーが見切られやすい日中の釣りにおいてメタルジグがメインとなる場合が多い。

ベイトが小魚の時は高威力

ワームはプランクトンやアミなどの小さなベイトをイミテートするのが得意だが、メタルジグはカタクチイワシなどの小魚を捕食するアジに効果的だ

大量にイワシなどのベイトフィッシュが接岸している状況ではアジも魚食性が強まっているので、ワーム以上の釣果が期待できるだろう。

特に「ギガアジ」と呼ばれるような大型のアジはベイトフィッシュを捕食していることが多いため、大型のみを選んで釣る際にも有効な手段だ。

アジングにおけるメタルジグのデメリット

メタルジグはワームに比べて「速い」釣りになるので、食いの渋い状況だとメタルジグよりもワームに軍配が上がる場合も多い。

ワームの方がソフト素材の自然な波動を出すことができ、かつスローに誘えて食い込みも良いのだ。

メタルジグが有効な時間帯

またナイトゲームではメタルジグのフラッシング効果が薄く、速い動きに反応できない場合もあるためワームメインの釣りとなるだろう。

メタルジグが最も活躍する時間帯は朝まずめと夕まずめの時間帯である。

この時間帯であれば単純な魚食性のアジを狙うのみでなく、ジグの反射によるフラッシングによって反射食いを狙うこともできるのだ。

【次ページ:メタルジグの使い方まとめ】

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト