テーマ別

トップページ>シーバス>憧れの大物を狙え! おすすめのヒラスズキ用ルアー5選!

IMG_0021

23637アクセス 2015年06月28日

憧れの大物を狙え! おすすめのヒラスズキ用ルアー5選!

IMG_0021

ヒラスズキを釣る上で実績のあるルアーというのは、実はあまり知られていない。これはマルスズキと比べて個体数が少なく、釣れる場所も限られているからだ。

この記事ではルアーの種類による区分けをせず、ヒラスズキ釣りに行く際にタックルボックスに最低限入れておいておくと良いルアーを紹介しよう。

マルスズキ用ルアーと比べて何が違うのか?

ヒラスズキは一般的にサラシのなかにいるため、水深が浅く、なおかつ流れの速い場所でしっかりと泳ぐルアーが求められる。

またマルスズキと比べてスレている可能性は低いため、細かなルアーの動きより、いかにルアーが流れの強いサラシのなかでしっかりと泳ぎ、アピールできるかが重要となってくるのだ。

アイマ[ima]・sasuke 130 剛力

アムズデザイン(ima) sasuke130剛力 #X1966 イワシ
アムズデザイン(ima) (2013-12-25)
売り上げランキング: 92,193

アイマのsasukeシリーズと言えば、シーバスマンで知らない人はいないほど有名なルアーである。この剛力は実績あるsasuke120裂波と同じ系列のルアーだ。

2フックシステムとなっており、ST-46#2という大型のフックを採用している。大型のヒラスズキに特化したモデルであり、その釣行には欠かせないルアーと言える。

ジャンプライズ[JUMPRISE]・ロウディ130F

ヒラスズキに特に力を入れている井上友樹氏のブランド、ジャンプライズから発売されているルアーである。食わせのアクションと操作性を両立させてあるルアーであり、表層より少し下のレンジである1m前後を引くことができる。

釣行時に迷ったらまず、抜群のレンジキープ力を持つこのルアーを選択することを勧める。

ダイワ[DAIWA]・ショアラインシャイナーZ 130F-HD

ダイワ(Daiwa) ルアー ショアラインシャイナーZ 130F-HD 3Dイナッ子
ダイワ(Daiwa) (2014-04-22)
売り上げランキング: 128,798

古くから、多くのアングラーに愛用されてきたダイワのショアラインシャイナーシリーズ。そのショアラインシャイナーシリーズの中で、特にヒラスズキに特化したのがこのモデルである。

磯場でのタフな条件下を制するために、#2フックを2本採用しており、ボディも肉厚となっている。逆風下でも抜群の飛距離を誇るのが特徴といえるだろう

ジャンプライズ[JUMPRISE]・ぶっ飛び君 95S

ぶっ飛び君 95S #11 超フルメッキ
JUMPRIZE/ジャンプライズ

こちらは、ジャンプライズから発売されているシンキングペンシルである。同サイズのメタルジグにも劣らない飛距離を稼げることが最大の特徴である

ミノーだけでは攻略しきれない、沖のブレイクを攻めるときに有効である。また、単に飛距離がでるだけでなく、泳ぎも安定しているため安心して使うことができる。

ダイワ[DAIWA]・モアザン リアルスティール TG

ダイワ(Daiwa) ルアー リアルスティール TG30 不夜城
ダイワ(Daiwa) (2014-11-30)
売り上げランキング: 105,101

ダイワから発売されている鉄板バイブである。こちらは上記4種類のルアーで届かない沖のブレイクや、サラシを狙うときに有効である。ミノーと比べて圧倒的な飛距離を誇り、異なる波動を出すため、ミノーには反応しないヒラスズキをキャッチできる確率が高い。

ヒラスズキ釣りといえば、ミノーが主流であるが、鉄板系のバイブレーションをひとつタックルボックスに忍ばせておくと、様々な状況に対応することができるだろう。

憧れのヒラスズキデビュー!

マルスズキを釣る場合とは、少しルアーを選択する基準が違ったヒラスズキ釣り。この記事を参考にしてルアーを揃えていただけたら幸いだ。

投稿ナビゲーション

タグ: / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト