テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>これを選べば間違いなし!アジング用ワームの基礎知識とおすすめ製品

fullsizerender

61396アクセス 2016年11月11日

これを選べば間違いなし!アジング用ワームの基礎知識とおすすめ製品

fullsizerender

昨今の急速なアジングブームにより、各メーカーから様々なワームが発売されている。選択肢が広がって嬉しい反面、店頭でどれを選べばいいのかわからなくなっている方が多いのではないだろうか。

そんな悩めるアジンガーやこれからアジングを始めるみなさんに、今回はおすすめのアジング用ワームを紹介しよう。

目次

  1. アジングに適したワームとは
  2. ストレートワームの特徴とおすすめ
  3. シャッドテールワームの特徴とおすすめ
  4. カーリーテールワームの特徴とおすすめ
  5. 変わり種ワームのおすすめ

アジングに適したワームとは

アジングに適したワームとは一体どのようなものなのだろうか。アクションとカラーの観点からアジに効果的なものを解説していこう。

アクションについて

アジングにおいて最も基本的な操作といえば、ただ巻き、リフト&フォール、そしてダートアクションだ。ワームにも様々な形状があるので、誘い方に合ったワームの選択が重要だ。

例としては、ただ巻きでは巻くだけでワーム自身が動いてアピールしてくれるシャッドテールワームやカーリーテールワーム、ダートではキレのある動きの出せるストレートワームが向いていると言える。

しかし、ストレートワームはただ巻きでも効果を発揮する場合も多い。これについては次項で解説する。

また、ただ巻きでは一般的に丸いヘッド形状のジグヘッドが、ダートでは矢じり型のジグヘッドが使用される。ジグヘッドの使い分けも大切だ。

丸形ジグヘッド

矢じり型ジグヘッド

ジグヘッドの細かな使い分け方については、以下の記事を参考にしてほしい。

アジング用ジグヘッドの選び方と、おすすめ5選

カラーについて

迷ったらクリアー+ラメ入りカラー

ワームの形状と同様に選択に悩むのがカラーだろう。最もオーソドックスなのは、クリアー系にラメの入ったワームだ。

クリアー系にラメの入ったワームはワーム1本で1匹の魚に見せることもできれば、プランクトンの集合体のように見せることもできる。

1つでオールマイティに活躍してくれるカラーなので、迷ったらまず「クリアー系のラメ入り」カラーを購入することをおすすめする。

しかし、クリアー系カラーのみでは反応が薄くなってくることも事実。そんな時にはカラーローテーションが必要だ。

有効なカラーローテーション

フィールドの状況別に、有効なカラーについて解説していく。まずフィールドの状況を大きく分けると、クリアウォーターとマッディウォーターに分けられる。大雨の後や都市部の港湾エリアでは濁りが入っている場合も多い。

クリアウォーターなフィールドでは、簡潔に言えばワームがアジから良く見えている状態。ゆえに派手なカラーでは見切られてしまう場合も多い。

クリアー系カラーを中心にワームを揃えれば良いだろう。ラメ入りカラーを用いれば、ラメのフラッシング効果を大いに発揮できるのでおすすめである。

逆にマッディウォーターでは、アジがワームを見つけづらい状態。チャート系などの目立つカラーが効果を発揮する場合も多いのだ。

まずは前述のクリアーラメ系カラーからスタートし、水色や魚の反応に合わせてアピール系にするかナチュラル系にするかを考えていくとよいだろう。

さらに、デイゲームなのか、ナイトゲームなのかにおいてもカラーは変わってくる。

デイゲームや朝まずめでは紫外線発光のカラーが、ナイトゲームではグローカラーが強い場合も多い。揃えておけば状況に対して柔軟に対処することができるだろう。

上記の内容を踏まえ、次項からは様々な種類のワームについて解説していく。

【次ページ:ストレートワームの特徴とおすすめ】

投稿ナビゲーション

タグ: / / / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト