シーバス狙いでのベイトリールのメリット、及びおすすめタックルまとめ

タグ: / / / /
2018年07月20日

目次

  1. ベイトタックルでシーバスは釣れるのか?
  2. シーバスベイトタックルのメリット
  3. ベイトタックルで可能な攻め方、テクニック
  4. シーバス用ベイトロッドの選び方
  5. シーバス用ベイトリールの選び方
  6. シーバスベイトタックル用ラインの選び方
  7. シーバスベイトタックルゲームであると便利なアイテム

シーバスベイトタックル用ラインの選び方

ナイロンラインも選択肢に

今やスピニングタックルではPEラインを使用するケースがほとんどだが、ベイトタックルの場合ナイロンラインを使用する場合もある。

PEラインに比べ飛距離は落ちるものの、適度なしなやかさがビッグベイト等の大きなルアーを使用した際の水馴染みや操作性を高めてくれる。ビッグベイトゲームの場合20ポンド以上を基準にしよう。

PE3号以上を使用することも

通常使用のルアーを使用する場合、PEラインの1.5~2号程度が扱いやすいが、より重いルアーを使用したり、障害物の多い場所で釣りをする場合には3号以上の太いラインを使用することも多い。

バックラッシュの直しやすさや、ラインへのダメージを考えると、最初のうちは太目のラインを巻いておくことをおすすめする。

ロングリーダーも可能

スピニングタックルではスプールに巻き込むまでリーダーを取るとトラブルが頻発するが、ベイトタックルではそれが少ない。

根ズレが心配なポイントではより長いリーダーでラインシステムを組むことが可能だ。

リーダーはPE3号使用時には40~50ポンド程度を使用する。

ベイトタックルでは折角の大物に備えて、頑丈なラインシステムで挑むのものよいだろう。

【次ページ:シーバスベイトタックルゲームであると便利なアイテム】

タグ: