シーバス狙いでのベイトリールのメリット、及びおすすめタックルまとめ

タグ: / / / /
2018年07月20日

目次

  1. ベイトタックルでシーバスは釣れるのか?
  2. シーバスベイトタックルのメリット
  3. ベイトタックルで可能な攻め方、テクニック
  4. シーバス用ベイトロッドの選び方
  5. シーバス用ベイトリールの選び方
  6. シーバスベイトタックル用ラインの選び方
  7. シーバスベイトタックルゲームであると便利なアイテム

シーバス用ベイトリールの選び方

海水対応であること

純淡水域でのみ釣りをするのならば問題ないが、河口や海で使用することを考えると海水対応のベイトリールが安心だ。

淡水専用モデルの場合、ベアリングが錆びやすかったり、スプールが腐食してしまったりする可能性もあるため注意が必要だ。

また海水対応モデルであっても 、メンテナンスを怠るとリールの破損に繋がるため、こまめなメンテナンスが必要だ。

ハイギアモデルがおすすめ

ゆっくりとドリフトする釣りではノーマルギアでもよいが、早巻きや素早い回収、ビッグベイトのキレのあるアクションを演出するにはハイギアモデルがおすすめ

またローギアを使用した場合、スピニングタックルと持ち替えると巻取り長が大きく異なるために、操作に違和感を覚える可能性がある。

細いPEライン対応のベイトリール

細いPEラインはトラブルのもとであると述べたが、そのようなラインでもトラブルを軽減して使用可能なリールも存在する。

シマノ「エクスセンスDC XG」

「エクスセンスDC」は、PEラインの使用を想定した専用のデジタルコントロール(DC)ブレーキシステムを搭載したリール。

外部ダイヤルでブレーキの調整が可能なため、ベイトタックル初心者でも安心して使用可能だ。

一巻き91cmのハイギア仕様であることもポイントである。

ダイワ「モアザンPE SV」

「エクスセンスDC」と双璧をなすシーバス用ベイトリールがこちらの「モアザン PE SV」。

名前の通りPEラインの使用に特化したSVスプールとTウイングシステムで、よりトラブルレスな釣りを可能にしてくれる。

またダイワ[Daiwa]独自の防水機構であるマグシールドを採用し、防水性能も高い。

糸巻き量の豊富なビッグベイト用リール

上記で紹介したリールは、通常のシーバスタックルで使用するルアー~やや重めのルアーを使用するタックルの場合に最適なものだが、ビッグベイトゲームで使用するリールの場合、よりパワーがあり、糸巻き量も豊富なリールを選択するのがよい。

アブガルシア「ビッグシューターコンパクト」

バスのビッグベイトゲームでも人気なモデル。

大口径のブラスギアを搭載し、豊富な糸巻き量、ハイギアと、パワーゲームにピッタリなリールだ。

シマノ「カルカッタコンクエスト200HG」

シーバスベイトゲームで使用しているアングラーも多いカルカッタコンクエスト。

丸形リールの見た目の良さもさることながら、マイクロモジュールギア搭載で滑らかな巻き心地も大きな特徴。

ハイギアかつパワーのあるリールのため、ビッグベイトゲームで是非使用して欲しい。

【次ページ:シーバスベイトタックル用ラインの選び方】

タグ: