シーバス狙いでのベイトリールのメリット、及びおすすめタックルまとめ

タグ: / / / /
2018年07月20日

目次

  1. ベイトタックルでシーバスは釣れるのか?
  2. シーバスベイトタックルのメリット
  3. ベイトタックルで可能な攻め方、テクニック
  4. シーバス用ベイトロッドの選び方
  5. シーバス用ベイトリールの選び方
  6. シーバスベイトタックル用ラインの選び方
  7. シーバスベイトタックルゲームであると便利なアイテム

ベイトタックルで可能な攻め方、テクニック

次に、ベイトタックルのメリットを活かした攻め方やテクニックを紹介する。

ドリフト

河川の釣りでは基本的なテクニックであるドリフト。流れを利用してルアーを目的のポイントまで流す釣りだが、ドリフトで重要なのがラインメンディング(ライン捌き)だ。

基本的にラインの軌道上をルアーが通ることになるため、絶妙にラインを張ったり、緩めたりして調整していくのだが、ベイトタックルでは簡単にクラッチを切ってラインを出すことが可能なため、より繊細なラインメンディングが可能になる。

さらに低弾道でルアーを飛ばしやすいため、ルアーが着水後にラインが煽られにくく、キャストからラインメンディングへと操作を移行するのが容易なのだ。

フォールでアタリをとる

ワームやバイブレーション、シンキングペンシルなど、沈むルアーでは意外とフォールで食ってくることも多い。

スピニングタックルではキャスト後ベールを返し糸フケをとるため着水後からのタイムラグがあるが、ベイトタックルの場合リーリングと共にクラッチが返りラインを張ることができるため、着水直後のバイトにも瞬時に対応することができる。

また、よりダイレクト感が強いためにフォール途中のアタリを感じてフッキングに持ち込みやすい。

指ドラグ

指ドラグとは、クラッチを切って指でラインの出を調節してドラグの役割を果たすこと。

魚の動きに合わせてクラッチを切りラインを出すことで、慣れればスピニングリールのドラグ以上に正確なやりとりが可能になる。

ストラクチャー撃ち

いかにも魚が居そうだが、ルアーロストや掛けてからのラインブレイクが恐くて攻めあぐねているポイントも多いだろう。

ベイトタックルではそのようなポイントでも、より太いラインでピンポイントへのキャストが可能なため、安心して攻められる。低弾道キャストで橋の下などのポイントへもキャストしやすい。

ビッグベイトゲーム

ビッグベイトとは、基本的には150mm程度からそれ以上の大きさのルアーを指す。近年はシーバスのビッグベイトゲームが流行しており、ルアーも年々巨大化しつつある。

そのような大きなルアーのキャストのしやすさは、やはりベイトタックルに軍配が上がる。さらに細いラインではキャスト切れの可能性もあり、太いラインが必須の釣り方でもあるのだ。

スピニングタックルでキャスト可能だとしても、操作時にロッドが曲がりすぎて、ルアーへアクションを加えにくい場合が多い。

重いルアーをキャスト可能なベイトロッドで、ジャークなどの操作によってビッグベイトでもしっかりと動かすことができる。

岸壁ジギング

岸壁ジギングとは、水深のある防波堤などで足元にメタルジグを落とし、素早くしゃくり上げる動作を繰り返す釣り方。

岸際に着くシーバスを効率よく釣ることができるテクニックだ。

この釣り方では、着底後すぐに巻き上げ再び落とさなければならないため、ベイトタックルが圧倒的に有利。フォール中のアタリも多いためなおさらだ。

岸壁ジギングの詳しいやり方はこちらを参考にしてほしい。

【次ページ:シーバス用ベイトロッドの選び方】

タグ: