テーマ別

トップページ>その他>全アングラーの必需品!プライヤーの機能まとめ

aluminumpliers_main_1

4482アクセス 2016年11月26日

全アングラーの必需品!プライヤーの機能まとめ

aluminumpliers_main_1

出典:アルミプライヤー/釣り具小物/カハラジャパン

全ジャンルのアングラーに必携のアイテムと言えるのがプライヤーだ。1本で多機能を有するものが多く、釣りに行く際には必ず携帯しておきたいアイテムとなっている。

今回はそんなプライヤーの機能性について紹介する。

機能を紹介する前にプライヤーの素材について

プライヤーには大きく分けて2種類の素材のものが発売されている。

アルミ製

garbage-178970_1280

ひとつはアルミ製のプライヤーシーバスゲームを始めとしたルアーマンに最適なタイプのプライヤーで、軽量なため持ち運びしやすい。

そのため、バックやライフジャケットに付けておいても重さが気にならないといったメリットがある。

ステンレス製

xizhuo-738146_1280

もうひとつはステンレス製のプライヤー。こちらはアルミ製と比較すると自重は重いものの頑丈なため、多少雑に扱っても壊れず丈夫であるというメリットがある。

雷魚やオフショアのビッグフィッシュゲームなどにおすすめだ。

釣り人の必携アイテム!プライヤーの機能を紹介

一口にプライヤーといっても多種多様で、全てのプライヤーが同じ機能を有しているわけではないが、ここでは一般的に多く発売されているプライヤーを基準にして紹介する。

ラインカッター

数多くあるプライヤーの機能の中で、最も使用頻度が高いのがラインカッターとしての機能だ。

ナイロンラインフロロラインのみならずPEラインもスパッと切れるため、プライヤーのみ持ち運んでおけば他のラインカッターを携行する必要がなくなる。

また、プライヤーの刃は丈夫なものが多いため、メンテナンスをすれば数年間は鋭い切れ味を維持できる。

スプリットリングオープナー

ルアーのアイへの接続や、フック交換の際にはスプリットリングを開く必要がある。スプリットリングオープナーの機能が搭載されたプライヤーであれば、スプリットリングを簡単に開閉することが可能だ。

頻繁に使用するスプリットリングの大きさに応じてプライヤーのサイズを選択すると、使い勝手が良くなるだろう。

フックの取り外し

ランディングした魚のフックを素手で外そうとすると、魚が暴れてフックが手に刺さる危険性があるため非常に危険だ。

フックを取り外す際にはプライヤーを用いて、魚とある程度距離を置いて外すようにしよう。

フックのバーブレス

標準的なフックにはカエシが付いているため、それを潰してバーブレスにする際に役立つ。リリース前提の釣りをする場合や、オフショアでのシイラなどランディング後に暴れまわる危険な魚を狙う際に有効だ。

ガン玉潰し

ハリスにガン玉を打つ場合、プライヤーで取り付けるとスムーズに行える。ガン玉は人体に有害な鉛でできているため、歯で噛んだりせずになるべくプライヤーを使うようにしよう。

便利なプライヤーを使って釣りを快適に楽しもう

釣りを楽しむ際に必要なツールが詰まったプライヤー。各メーカーから機能面、デザイン面を含め様々なタイプのものが発売されている。

自分の釣りのスタイルにあったプライヤーを選択してみてはいかがだろうか。

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ:

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト