テーマ別

トップページ>ショアジギング>[マサさんからの寄稿] #10:激暑の中のショアキャスティングでカンパチをゲット!

image-2

586アクセス 2016年11月18日

[マサさんからの寄稿] #10:激暑の中のショアキャスティングでカンパチをゲット!

image-2

ご無沙汰しております。1ヶ月ぶりの寄稿の豪磯部のマサです。

編集部の担当さんから「寄稿記事の方如何ですか…?」と聞かれると
「ドキッ!!・・・魚が釣れな、、、いないんです」との具合でご迷惑をおかけしております(汗)

さて、ではでは第10回目の釣行レポートを皆さんにお届けします。

もうシドニーは夏です。THE夏です。
暑い……。この日も33度と猛暑ってやつです。しかもオーストラリアは紫外線の強さが日本の

5倍と言われています(オゾン層の影響らしい)。日焼け対策は絶対必要です。

この日はカフェ屋のユー氏と一緒にシドニーから2時間半ほど北へ離れたPort Stephesと言う地区に

行ってきました。ここはショアからマグロも上がっている地区になります。

気温も上がってきて「ショアマグロ出たらいいなー」ってユー氏と話してましたwww

さて、朝3時から目的地をグーグル・マップにセットしてユー氏の車で北へ飛ばします。

が、朝から珍事発生

目的地に到着しました。とグーグルマップ先生が言ってましたが全然違う所に来ています。
確認すると目的地間違えてセットしてる……。目的地の反対側の半島に来ています……

朝から45分の時間ロスでした(笑)

さて、タックルを準備して地磯を目指します。

ハエが半端ない……。オーストラリア全体でそうなんですがハエが夏はかなり増えます。

しかしやっかいな事に人懐っこい……。顔へアタック!アタック!かなりうざいです。

歩いて15分ほどで磯場到着。

image-1

さっそくタックルを準備してシマノのスポウター150Fのポッパーを装着してトップから攻めます。

攻めます

・攻めます

・・攻めます

・・・攻めます

反応がありません。

その後はタックルハウスのK-TEN Blue Ocean 175SWやシマノのロックジャーク170Fで表層ちょい下を攻めましたがこれも反応無し。

うーん…

って事でサブロッドを持ってきていたのでそっちに激投レベルの40gのジグでショアジギングしていたら中層でヒット

足元まで上がってきて抜き上げる時に口切れフックアウト

その後すぐ投げ直したら同じくヒット!

さっきのより引く!!

ジャンプしないことからオージーサーモンは回避。かなり下へ下へ走ります。

ちっこいヒラマサかな?

今回は無事抜き上げてランディング成功!

image-2

40cmに満たないカンパチの子供でした。

でも中々の引き具合で楽しめました。小さいのでそのままリリース

この後はペンシル・ポッパー・ジグと攻めましたがデカマサさんやマグロさんは出ませんでした。

まぁそう簡単には出ない。

1月、2月に再度北へ遠征してショアマグロやってみたいですね。

今回ジグに使ったのはダイワのショアスパルタン100Hに12キャタリナ4000Hですが、

メインのショアプラッギング用はZenaqのMuthos Accura 100HHにパワーしてあるので

15ソルティガ5000HにPE5号を300m巻いて頑張れるはず(笑)

ショアマグロ出そうな場所

image-3

余談ですがこれからシーズンインなのに15ソルティガが不調です。

ハンドルが凄く重い…。日本まで送り返す時間かかる。
どうしたものか。

それではコンスタントに寄稿出来るような釣果が続きますようにとお願いしながら

今回の記事はこの辺で(笑)

BlogやSNSも発信中!こちらも宜しくお願いします。

+Blog

+Youtube

+Facebook

+Instragram (@goisofishing)

+Twitter (@goisofishing)

釣行データ

釣行日

2106年11月13日

釣行場所

シドニー Port Stephens 地磯

天気

晴れ

今回のタックルセッティング

ロッド/ ゼナック「MUTHOS Accura(ミュートス・アキュラ) 100HH」

リール/ ダイワ「ソルティガ 4500H」

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト