テーマ別

トップページ>オフショア(船釣り)>夢のビッグフィッシュを!オフショア定番メタルジグと、オフショアジギングのやり方徹底解説

アクセス 2017年06月02日

夢のビッグフィッシュを!オフショア定番メタルジグと、オフショアジギングのやり方徹底解説

大型青物とのファイトが魅力的なオフショアジギング

初心者には難しいと思われがちだが、プロである船長が魚の居るポイントまで連れて行ってくれるだけあって、経験が無くとも一発大物が期待できる釣りでもある。

今回は、そんなオフショアジギングにおいて使用するメタルジグやタックル、船の予約方法からルールに至るまで解説していこう。

目次

  1. オフショア用メタルジグのおすすめ5選
  2. オフショアジギングにおすすめのタックル
  3. オフショアジギングに必要な装備
  4. 意外と簡単!船の予約方法
  5. 船上で守るべきマナーとは

オフショア用メタルジグのおすすめ5選

まず初めに、定番のオフショア用ジグをご紹介する。レンタルタックルを使用する場合、タックルはジグさえ揃えれば始めることができるので、まずはこれらのジグを数種用意してみよう。

スミス「CBマサムネ」

オフショアジギング用ジグの代名詞とも呼べるほど有名かつポピュラーなジグであり、汎用性が高いのが特徴だ。

センターバランス設計で、通常のジギングはもちろん、スローな誘いでも使用可能である。

近海で中型青物を狙う際には、まずはこのジグをチョイスしてみよう。

ダイワ「MMジグ」

ソルトウォーターフィッシングのパイオニア、村越正海氏監修のジグ。これも長年愛用されてきたジグのひとつである。

このジグの特徴はウエイト重心がリアにあること。そのため、他の乗船者よりも早く底まで沈めることができるのだ

また抵抗が少ないため、200g近いウエイトのものでも楽々しゃくることができるのも特徴である。

ケイフラット「ガミー」

平松慶氏によるブランド、ケイフラット[K-FLAT]から発売されているメタルジグ。

ヒラマサに有効なロングジグであり、外房や玄界灘といった、一級のヒラマサポイントで使用されることが多いジグである

最大の特徴は、ジャークを入れてフォールさせる前にいったん水平姿勢になり、一瞬の「間」をおいてからスライドフォールする点。

この「間」がヒラマサを狂わせる。

ブリス「アスナロⅢ」

このジグも大型のヒラマサ、ブリを対象としたもの。最大の特徴は、「ただ巻きで使用する」点にある。

他のジグのようにしゃくるのではなく、ただ巻きによって本来の能力を発揮するメタルジグなのだ。

通常のジャークを入れて動くジグで食わない状況、例えば潮が緩かったり、魚にスイッチが入りにくいときに是非使ってみてほしい。

ティムコ「オーシャンドミネーター ロングジグ」

淡水ルアーのイメージが強いティムコ[TIEMCO]だが、このオーシャンドミネーターはオフショア界で愛用者が多く、実績も高いジグである

このジグも上記2種類のジグと同様にロングタイプのジグで、ヒラマサをメインターゲットとしている。

しゃくる際の抵抗が少なくダートの切れやフォール姿勢が秀逸で、初心者でも簡単に扱えるジグである。

【次ページ:オフショアジギングにおすすめのタックル】

投稿ナビゲーション

タグ: / / / / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト