トップページ>その他>小物類もキレイに収納!釣り専用バッグの種類とおすすめ製品

小物類もキレイに収納!釣り専用バッグの種類とおすすめ製品

タグ: / /
アクセス 2018年06月04日

img_9148

釣りに行く際には何かと持ち物が多くなる。財布やケータイといった必需品に加えて、ルアーやライン、小物類も持ち運ぶ必要があるため、機能的なバッグがあると便利だ。

今回はフィッシング専用に設計された便利なバッグを紹介する。

小物類もキレイに収納!おすすめの釣り用バッグ

ショルダーバッグの特徴

肩にかけて使えるこのタイプのバッグは、頻繁にポイント移動を繰り返すランガンの際に使いやすい

キャストの際にも邪魔にならないように計算されているため、快適に釣りができる。

ただし収納量が多くはないのと、長時間肩からかけていると肩が凝るため近場での短時間釣行の際におすすめだ。

マズメ「レッドムーン ワンショルダーバッグⅢ」

出典:レッドムーンワンショルダーバッグ III | PRODUCTS | mazume

ソルトウォーターゲーム全般に深く精通しているプロアングラー、鈴木斉監修のショルダーバッグだ。

疲労感を減少させるために、体に直接当たる各部分にはクッション材を採用し、ショルダーバッグタイプながら高い収容量を確保した。

前方にはプライヤーを入れるのに便利な収納が、また内部にはリーダー等の小物を収納するのに便利なポケットが多く配置されている。

随所に配置されているD菅にはフィッシュグリップなどを装着可能で、雨天時にも対応できるように、レインカバーが付いている点も嬉しい。

アブ ガルシア「ワンショルダーバッグ2」

出典:Abu Garcia One Shoulder bag 2(アブ・ガルシア ワンショルダーバッグ2)|AbuGarcia(アブ・ガルシア)|釣具の総合メーカー ピュア・フィッシング・ジャパン

どのようなフィッシングシチュエーションにも対応するように設計されたショルダーバッグが「ワンショルダーバッグ2」だ。

ロッドホルダーが付きであるため、ノットを組む時や両手をフリーで使いたい場面でも重宝する。

ルアーボックスなどを入れる大きなポケット以外にも、デジカメや財布など収納できるマルチサイドポケットが用意されており、メイン収納部と前面ポケット内部には内ポケット付くという収納力でも抜かりはない。

ウエストバッグタイプの特徴

上記に紹介したショルダーバッグタイプよりも、より多くのアイテムを収納できる。

腰で固定しておくため、疲労が蓄積しにくいが、頻繁にポイント移動を繰り返すような釣りや、足場が悪い場所での釣りの際には、ベルトをきちんと閉めていないとずり落ちてくることもあるため注意しよう。

マズメ「レッドムーン ウエストバッグⅢ」

出典:mazume レッドムーンウエストバッグ III | PRODUCTS | mazume

プロアングラーで港湾シーバスのエキスパート、大野ゆうき監修のウエストバッグだ。

ウエストバッグを体の前に持ってこなくとも容易にファスナーの開閉ができるようなデザインになっている。

また、専用のドリンクホルダーを搭載。必須アイテムであるフィッシュグリップやプライヤーをサイドに配置できるため、より使いやすくなった。

また、リーダーやスナップ等を収納する小物用ポケットも充実。さらに、レインカバーが付いているため、雨天時の釣りにも対応している。

ショルダー&ウエストタイプの特徴

ショルダータイプのバッグにサポートとしてウエストベルトが付いたバッグも多く存在する。

固定する箇所がふたつになり、より安定性が増すためストレスが少なく、体にもフィットしやすい。

重さが肩と腰に分散されるため、疲れの軽減にも繋がり、好釣果にもつながる。

L.S.D.デザイン「ミドルエギング2G」

エギングのために専用設計されたバッグが「ミドルエギング2G」だ。

エギや道具を沢山持ち運べるのは当然だが、エギパッドはテーブル状に開くため、ルアーチェンジもスムーズにできる仕様になっている。

Dカンは6個用意されており、カスタム性や拡張性までも視野に入れて作られているのも嬉しい。

リュックタイプの特徴

上記に紹介したウエストバッグタイプよりも、より多くのアイテムを収納できる。

両肩で背負って固定しておくため疲労が蓄積しにくいが、ランガンには大きすぎるため、釣り場へ道具を運ぶためのバッグと考えた方が無難だ。

車を降りてから、目的の釣り場までの距離が長い場合は安定間が高いリュックタイプをおすすめしたい。

シマノ「XEFO ロックトラバース ドライパック」

出典:XEFO ロックトラバース ドライパック [XEFO ROCK TRAVERSE DRY PACK]|バッグ・ケース|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-

ライフジャケットを装備している上からでも背負えるように設計されたリュックが「XEFO ロックトラバース ドライパック」だ。

磯や磯までの道中まではライフジャケットを着用したまま移動するため、その上から背負える仕様であるリュックは非常に重宝する。

その他にも底部は2重構造で磯に置いても擦れづらく、防水性も高い。

その他にも、リーダーなどが収納できる大容量フロントポケットを搭載するなど専用設計と呼ぶに相応しいバッグとなっている。

トートバッグタイプの特徴

肩に掛けて気軽に持ち運ぶことができ、釣り場が近い場合におすすめだが、磯歩きなどの長距離移動には向いていない。

釣り専用のものは防水性に優れた仕様のものが多く、濡れたウェアやウェーダーを入れることもできる。

丸めて小さく収納できるため、リュックに装備したり、車に常備しておいても邪魔になりづらい。

ダイワ「WP トートバッグ」

出典:DAIWA : WP トートバッグ(A) – Web site

収納物に合わせて、小さいSタイプから大容量のLタイプまでラインアップしている。

オリジナルの素材に防水加工を施し、縫い目のないウエルダー加工に止水ファスナー仕様という防水性バツグンに仕上がっている。

濡らしたくない貴重品入れとしても最適だが、ルアーボックスを沢山持ち運びたい場合にも最適だ。

大容量のLタイプはライフジャケットが丸ごと入るため、釣り場で装備したい方にもおすすめしたい。

ライフジャケットとバッグが融合したタイプ

釣り専用のバッグの中には、ライフジャケットと融合した便利なものも存在する。

釣りの全ては安全性から始まるといっても過言ではないので、気になる方は以下の記事をチェックしてほしい。

膨張式ライジャケ×フィッシングバッグ?スタイリッシュなライフジャケット「BSJ-7120」を動画付きで紹介

機能性にあふれたバッグを携行して、快適に釣りを楽しもう

一般的なアウトドア用バッグと比較して、釣り専用のバッグは専用アイテムを収納するスペースがあるなど、より使いやすいものになっている。

釣りにはこうした専用のグッズが沢山あるので、ぜひ使ってみてほしい。

タグ: / /