テーマ別

トップページ>シーバス>大型魚のキープに最適!「GMリールストリンガー」を紹介

fullsizeoutput_1f2

4241アクセス 2016年11月18日

大型魚のキープに最適!「GMリールストリンガー」を紹介

fullsizeoutput_1f2

車から離れた磯場や堤防で青物シーバスなどを大量に釣った際にはキープしておくのが大変である。そんな時に役に立つのがストリンガーだ。水中に生きたまま魚をキープしておけるので、鮮度を保ったまま新鮮な状態で持ち帰ることができる。

大型魚のキープに最適!ゴールデンミーン「GMストリンガー」を紹介

ストリンガーの役割

シーバスや青物といった大型魚を生きたままキープしておける優れものだ。ポイントランガンしたり、山道を歩くような釣りをする際に大型のクーラーを携帯していくのは非常に大変だ。

かといって、釣った魚を絞めてから陸地に放置しておくとすぐに鮮度が落ちてしまう。冷却用のツールを持ち運ぶことが困難な状況では、魚を生かしてキープすることが求められる。

そういった状況で、本製品のようなストリンガーを用いれば、生きたまま魚をキープできる上にポイント移動がしやすく、邪魔にならない。

また、ライフジャケット等に装着するためのカラビナが標準装備されているため、ウェーディングゲームでの使用にも最適だ。

魚をキープしておく手段に乏しいウェーディングゲームだが、このストリンガーを使用すれば魚をキープするために、わざわざ陸地に上がることなく釣りを続けられる。

本製品の特徴

各メーカーから様々なストリンガーが発売されているが、本製品はロープの部分をリールに収納しておくことができるため携帯性に優れる。

また、ロープ同士が絡み合うこともないため、煩わしさもない。スムーズにロープを引き出せるように、ドラグ付きスプールが採用されているため実用性にも優れている。

ロープには視認性のよい蛍光イエローロープを採用。夜間のウェーディングゲームにおいて役立つこと間違いない。

また、スペア用のストリンガーフックが付いているほか、パーツ単体での注文もできアフターサービスも優れている。

メンテナンスに関して

海水で使用した際には通常のリールと同様に、使用後には真水で洗浄し陽の当たらない場所で乾燥させよう。また、定期的に回転部分にオイルやグリスを差すことで長期間にわたって使用できる。

Amazonで購入

投稿ナビゲーション

タグ:

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト